読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見る番組がニチアサしかない件

最近はつまらない糞バラエティ番組が増えて全くテレビを見る機会がない。 ゴールデンタイムにアニメは駆逐され今や深夜枠移行である。 特撮に至っては戦隊ものや仮面ライダーシリーズを放映するテレビ朝日しかない。テレ東も、ウルトラマンをやっているがイ…

いよいよお姉さんの登場ですよ

ニチアサは面白くなって来た、『宇宙戦隊キュウレンジャー』は宇宙幕府に支配された地球を取り戻すために九人集まって宇宙幕府を打倒する話なのだがまだ九人揃ってないしまだ反目しあっている辺りリアルさも感じる。 恩師の仇だったりとかで最初は敵視するっ…

始まった新しい伝説

いつものように『仮面ライダーエグゼイド』があり、ハンバーガーのバグスターのバガモンが実は幻夢コーポレーションの開発担当のゲームデザイナーから作られた存在で、バガモンのゲームはハンバーガーを作るゲームだった。 最近永夢は体調がすぐれず、ハンバ…

サプライズ最終回

『魔法つかいプリキュア!』は実質上は49話で物語は終了した。『終わりなき混沌』の原因であるデウスマストを宇宙の彼方に追いやり全ては終わった。 しかしそれは魔法界とナシマホウ界が別れるとき、つまり朝日奈みらい(cv高橋李依)とリコ(cv堀江由衣)が別れ…

今から見たらかなりエロい

『魔女っ子メグちゃん』(1974年) 前作の『ミラクル少女リミットちゃん』があまりにも内容が重過ぎたために制作スタッフが、反省を生かして超能力から魔法に変えて制作した。放映は前作と同じNETである。 前作の反省を生かし明るい作風にしたのだが、内容はか…

今年は映画の話題から

今や化け物級大ロングランヒットになっている新海誠監督作品の『君の名は。』(写真はヒロインの宮木三葉、cvは上白石萌音) 田舎に住む宮木三葉と、都会に住む立花瀧(cv神木隆之介)となんと入れ替わると言う山中亘の『おれがあいつであいつがおれで』の設定を…

キラキラ☆プリキュアアラモード

公式で発表されるまでは避けておいたキラキラ☆プリキュアアラモードの五人のキャラが漸く発表された。 LINEのプリキュアアカウントでも確認されたので、もういいだろうと公開する。 タイトルは『キラキラ☆プリキュアアラモード』作品としては14作目12代目と…

美少女戦士たちのご先祖様

現在放映中の『魔法つかいプリキュア!』から来年度から放映の『キラキラ☆プリキュアアラモード』の御先祖様的な作品が過去にあった。 マイナーなのでそんなに注目は浴びてはいないがこの作品がなければその後の東映魔法少女ものや、美少女戦士セーラームー…

来年のプリキュア

来年のプリキュアは『キラキラ☆プリキュアアラモード』である。 タイトルだけ出す。 キャッチフレーズは『つくって!たべて!たたかって‼︎』である。 なんか聞くだけなら江崎グリコのビスケットのビスコの『おいしくてつよくなる』っぽいが、まあ、今度のプ…

節目節目に縁がある

どの事柄にも節目節目の縁と言うのはある。 俺の場合は神戸ポートピアを拠点とするサンテレビである。 そう、サンテレビがなければ俺は阪神ファンにはなっておらず、アニオタ、歴史オタのまんまだっただろう。 あの頃、1983年6月のある日、偶々見る番組がな…

作品の好き嫌いはあるが

作品の好き嫌いは人それぞれだが、twitterのフォロワの内での『ばくおん‼︎』(おりもとみまな著、ヤングチャンピオン烈連載、秋田書店)の評価が不当に低すぎる。 そのフォロワがガソリンスタンドで撮影した『ばくおん‼︎』のポスター、映りがボケていて鮮明で…

ついにばくおん‼︎終わる

好評のうちにアニメ『ばくおん‼︎』は最終回を先週迎えた。 バイクに何の興味もなかった佐倉羽音(cv上田麗奈)が、来夢先輩や天野恩紗(cv内山夕実)との出会いで最初は「全然興味ありません‼︎」と言っていたものの、来夢先輩のカワサキニンジャに乗った後に概念…

中野千雨

おりもとみまなの漫画『ばくおん‼︎』に出てくるバイク部の後輩中野千雨 かって丘乃上女子学園のバイク部に所属していた母アキナとロードレーサーである中野欽也の娘である。アニメでのcvは木戸衣吹 いつも醒めたようなというか眉間にしわ寄せたような顔だが…

ばくおん‼︎は面白い

一部アニメーターには酷評されている『ばくおん‼︎』のアニメだが、俺は面白いと思う。 たしかにマジにバイクやってる人間からしたらバカにしてるのか⁉︎みたいな風に思われているのが低評価の原因だろうが、コメディ漫画だからいい。 なんでもマジになるのは…

ばくおんにハマる

かねてから放送中のアニメ、『ばくおん‼︎』にハマっている。深夜0時からであるが、濃い。これは前回のツーリングだが、やはりバイクに乗った美少女はいい。羽根も恩紗もいい顔してるじゃないか。仮面ライダーゴーストは、スペクターが、ディープスペクターに…

バイクは仮面ライダーだけじゃない‼︎

久々に仮面ライダーゴーストについて語るが、マコト(山本涼介)を取り戻すために何とか眼魔の世界に行こうとするタケル、しかしアランは協力を拒む、悪いやつじゃないんだが。前回はたこ焼き食べすぎで腹痛を起こすほどにたくさん食べて店のおばちゃんに「い…

漫画家の絵柄の変貌

最近仮面ライダーゴーストネタが殆どだったので閑話休題。話を変えて漫画家の絵柄の変貌について書く。例えば先月に最終回を迎えた『侵略!イカ娘』これが2007年の連載当初のイカ娘、かなり顔がシャープに描かれていてイカの頭部分が大きくそれなりにプロポ…

今年の仮面ライダー映画は仮面ライダー1号

今年の仮面ライダーの映画は仮面ライダー1号が主役。と言えばもうお判りですね。そう、藤岡弘、(70)が45年ぶりに主役を張るのだ。まあ、昭和vs平成で登場済みなんだが、今回はデザインがシャープになる。仮面ライダー1号のデザインが初期の旧1号に近いデ…

ある程度の切なさ

今回の『仮面ライダーゴースト』は天空寺タケル(西銘駿)が切なさで変身して戦う。しかし、過去にも切なさで変身した仮面ライダーがいなかったわけではない。平成ではクウガやアギトも切なさが漂っていたし、龍騎、剣もある程度切なさが漂う。初期の仮面ライ…

そういう因縁か

久々に『仮面ライダーゴースト』を見たらスペクターこと深海マコトは10年前に生き別れになったタケルと親しい間柄でタケルもマコト兄ちゃんと呼ぶほどだった。しかし、10年前のある事件がマコトを変えてしまった。妹を喪ったからである。以来マコトは亡くな…

スポーツの秋だなあ

かっての体育授業風景かっての体育授業風景、これが昔は当たり前だったんだが今では見られないなあいや、ブルマ自体が廃止されたから。まあ、スポーツの秋だなあすっかり日野あかね『スマイルプリキュア!』から日野あかね、まあ、世代がブルマ世代ではない…

関西地区では今の時間にニチアサが‼︎

今テレビをつけたら『仮面ライダードライブ』の三週目放送分が放映されていた、もちろんこの後はプリンセスプリキュアである。何故週遅れで固めて放映しているのか⁉︎それはABC朝日放送が夏の高校野球選手権大会の放送をしているのでニチアサのこの二つの番組…

弟と妹の違いはあれど

今回の仮面ライダードライブは前回、剛の父親がロイミュードを作り出したという衝撃の事実が明らかにされる。故にロイミュードは仇であり、チェイスも仮面ライダーとは認めないのだという。進ノ介の謹慎処分はなんと進ノ介がチェイスとの協力で仁良光秀課長…

余興でこんな記事も

古川蛍子『侵略!イカ娘』に登場する婦警の古川蛍子。テレビアニメシリーズには出てこなかったが、漫画では途中から出てくる。登場当初は名無しだったが途中から古川蛍子という名前がついた。婦人警官のアナグラムのネーミングである。しかしイカ娘の登場人…

仮面ライダードライブとニンニンジャーの関係

昨日の仮面ライダードライブはニンニンジャーとのコラボ話だった。まあ、ディケイドであったシンケンジャーとのコラボ話とよく似ている。ニチアサの枠を越えた繋がり話である。怪人に追われ霧子が運転する車に進ノ介とアカニンジャーが乗った時のやりとりは…

一回つけられたイメージは中々抜けない

例のようにニチアサを見ていたら仮面ライダードライブで、かって仮面ライダーだった魔進チェイサーのチェイスをどうにかする話だった。進ノ介はなんとかチェイスに正義の心を取り戻して欲しいと考えるが、剛は「チェイスに心なんてない!」と容赦無くチェイ…

えっ⁉︎

今回の仮面ライダードライブは特状課のおたく(失礼)西城究がロイミュードだったという疑惑から始まる。結局はそれは西城のコピーで本物は操られていただけという事実が判明し、とりあえずはドライブ&マッハは敵は撃破し、西城を救う。つくづくもアップ出来…

ifは禁物だが

if(もしも)は禁物だが、これがこうなっていたらテレビはまだ面白かったのかもというのはある。もしも、Pプロが特撮作品から撤退しなければ…フジテレビは今も特撮作品をやっていただろう。もしも、石森プロがテレ朝に仮面ライダーの版権を売らなければ…今でも…

GO!プリンセスプリキュア

ニチアサ三本柱の一つのプリキュアシリーズだが既に『GO!プリンセスプリキュア』に決まった。シリーズ12作目10代目に当たる。そして、シリーズ初の中学一年生主人公になる。今迄に一年生は『YESプリキュア5』の春日野うらら=キュアレモネードがいたが主人公…

真実ってなんだろう

毎度おなじみの仮面ライダードライブだがベルトさんことクリム・スタインベルトが魔進チェイサーたちに暗殺されたくだりやベルトを託したプロトドライブが過去に魔進チェイサーの一人のハート(モデルは新選組の近藤勇)に倒された事も。特状課はクリスマスパ…

つくづく思うのだが。

つくづく思うのだが、美少女アニメに出るキャラは必ず最近はテレ朝のニチアサシリーズのプリキュアに抜擢される。今年の『ハピネスチャージプリキュア!』の中島愛(マクロスFのランカ・リー)戸松遥(ソードアートオンラインのアスナ)など、昨年の『ドキドキ!…

人間は守るに値すべきものなのか⁉︎

かなり気になるつづくお話で『仮面ライダードライブ』 を見た。敵のロイミュートのブレンに毒を注入されたドライブ=泊進ノ介は、ベルトさんが出したタイヤでかなりの激痛を伴う荒療治で命は何とか取り留め進ノ介は変身解除後に気を失う。進ノ介は気がつくと…

今週ニチアサは全部飛ぶ。

今週のニチアサは、駅伝大会のために、『トッキュージャー』も『仮面ライダードライブ』も『ハピネスチャージプリキュア!』も一回休み状態になり、飛ぶ。ニチアサファンの方々にとっては駅伝大会のせいでみんな飛ぶのだから残念というか腹立たしい人もいる…

今週の仮面ライダードライブとハピネスチャージプリキュア!は熱かった。

今週の『仮面ライダードライブ』と『ハピネスチャージプリキュア!』はある意味熱かった。仮面ライダードライブはなぜ霧子に笑顔が消えたのかをはっきり描いていたし、敵がアートしたキチガイっぽいのも凄かったし進ノ介が段々主役らしくなっていくのがかっ…

人は分かり合える筈だ。

仮面ライダー鎧武があまりにもカオス過ぎて酷いので観るに絶えずその後のお楽しみの『ハピネスチャージプリキュア!』が見れない。前回から屡々登場する氷川いおな(戸松遥)=キュアフォーチュンが何度となく絡む様になって来た。前回はいおなの姉まりあの友…

実は情け容赦ないキュアハニー

さて大森ゆうこ(北川里奈)がキュアハニーであるのは前回に本人が明かしたので解ったが、それを素直に喜ぶめぐみとなぜ隠していたのかと懐疑的なひめがいた。普通は疑うよな。秘密を話すのかと思えばゆうこは空腹で目眩を起こしへばってしまいブルースカイ王…

なぜプリキュアにサクラ大戦声優が。

プリキュアシリーズには必ずと言っていいほどサクラ大戦の声優が出て来る。初代の『ふたりはプリキュア』にも光の園クイーン役に松谷彼哉が出ていた。後に『サクラ大戦V』のダイアナ・カプリス役に出演する。紐育華撃団星組の隊員で回復係である。病弱の研修…

本人申告まで知らないとは

ハピネスチャージプリキュア!を見ていたら前回にキュアハニーが歌っていた歌をめぐみがアイドルチェンジして例の歌を歌っていた。何度もひめが聴かされるのでひめは些か食傷気味だ。まあ、めぐみの声を当てているのが『マクロスF』のランカ・リーの中島愛な…

キュアハニーが歌を歌ったっただけで。

録画した『ハピネスチャージプリキュア!』を見ていたが前回に何も出来ずにキュアフォーチュンに「大きな災いが降りかかるわ!」とまで言い切られためぐみとひめはもっと強くなりたいとトレーニングをする。ジョギングに励む二人、その時に大森ゆうこが現れ…

正体バレバレ

『ハピネスチャージプリキュア!』第九話を見たら挨拶はキュアパインだった。(中川亜紀子)内容は主人公愛乃めぐみが住むぴかりケ丘で祭りがあるという話で、めぐみとひめは浴衣姿に変わって参加する。クラスメイトと会い色々な物を食べてご満悦なめぐみとひ…

プリキュア十周年

今年はプリキュア十周年である。思えば2004年に『ふたりはプリキュア』の美墨なぎさ(本名陽子)=キュアブラックと雪城ほのか(ゆかな)=キュアホワイトの二人で始めてから10年、以降二期目のMAXhart、ふたりはプリキュアスプラッシュ☆スター、Yesプリキュア5…