エンターテイメント

聞く耳を持とう

何にしろ聞く耳を持たないと意味をなさない。何を遠回しに言うのかと言えば聞く耳を持つと向上につながりやがて身につく、しかし持論を曲げず聞く耳を持たないと何の意味をもなさない。 野球で言うなら一年目の活躍の後暫くムラなどがあり伸び悩み昨年きっか…

見る番組がニチアサしかない件

最近はつまらない糞バラエティ番組が増えて全くテレビを見る機会がない。 ゴールデンタイムにアニメは駆逐され今や深夜枠移行である。 特撮に至っては戦隊ものや仮面ライダーシリーズを放映するテレビ朝日しかない。テレ東も、ウルトラマンをやっているがイ…

いよいよお姉さんの登場ですよ

ニチアサは面白くなって来た、『宇宙戦隊キュウレンジャー』は宇宙幕府に支配された地球を取り戻すために九人集まって宇宙幕府を打倒する話なのだがまだ九人揃ってないしまだ反目しあっている辺りリアルさも感じる。 恩師の仇だったりとかで最初は敵視するっ…

始まった新しい伝説

いつものように『仮面ライダーエグゼイド』があり、ハンバーガーのバグスターのバガモンが実は幻夢コーポレーションの開発担当のゲームデザイナーから作られた存在で、バガモンのゲームはハンバーガーを作るゲームだった。 最近永夢は体調がすぐれず、ハンバ…

サプライズ最終回

『魔法つかいプリキュア!』は実質上は49話で物語は終了した。『終わりなき混沌』の原因であるデウスマストを宇宙の彼方に追いやり全ては終わった。 しかしそれは魔法界とナシマホウ界が別れるとき、つまり朝日奈みらい(cv高橋李依)とリコ(cv堀江由衣)が別れ…

今から見たらかなりエロい

『魔女っ子メグちゃん』(1974年) 前作の『ミラクル少女リミットちゃん』があまりにも内容が重過ぎたために制作スタッフが、反省を生かして超能力から魔法に変えて制作した。放映は前作と同じNETである。 前作の反省を生かし明るい作風にしたのだが、内容はか…

今年は映画の話題から

今や化け物級大ロングランヒットになっている新海誠監督作品の『君の名は。』(写真はヒロインの宮木三葉、cvは上白石萌音) 田舎に住む宮木三葉と、都会に住む立花瀧(cv神木隆之介)となんと入れ替わると言う山中亘の『おれがあいつであいつがおれで』の設定を…

キラキラ☆プリキュアアラモード

公式で発表されるまでは避けておいたキラキラ☆プリキュアアラモードの五人のキャラが漸く発表された。 LINEのプリキュアアカウントでも確認されたので、もういいだろうと公開する。 タイトルは『キラキラ☆プリキュアアラモード』作品としては14作目12代目と…

美少女戦士たちのご先祖様

現在放映中の『魔法つかいプリキュア!』から来年度から放映の『キラキラ☆プリキュアアラモード』の御先祖様的な作品が過去にあった。 マイナーなのでそんなに注目は浴びてはいないがこの作品がなければその後の東映魔法少女ものや、美少女戦士セーラームー…

来年のプリキュア

来年のプリキュアは『キラキラ☆プリキュアアラモード』である。 タイトルだけ出す。 キャッチフレーズは『つくって!たべて!たたかって‼︎』である。 なんか聞くだけなら江崎グリコのビスケットのビスコの『おいしくてつよくなる』っぽいが、まあ、今度のプ…

物語を書く上の注意点

物語を書く上の注意点、それは漫画であろうと小説(ライトノベルも含む)であろうと映画(実写もアニメも)テレビドラマ(アニメでも)必ずあるのである。 それは例え喜劇であろうと悲劇であろうと、大衆娯楽や純文学だろうと変わりはない。 少しもったいぶった前…

仮面ライダーエグゼイドの謎

すっかり初回と二話を見るのを忘れた仮面ライダーエグゼイド、三話から見たが三話からは、ブラック・ジャック仮面ライダーこと花家大我 (松本享恭)が現れる、かってはCRの一員だったが、5年前に患者を死なせたことで医師免許を剥奪され、仮面ライダーガシャ…

節目節目に縁がある

どの事柄にも節目節目の縁と言うのはある。 俺の場合は神戸ポートピアを拠点とするサンテレビである。 そう、サンテレビがなければ俺は阪神ファンにはなっておらず、アニオタ、歴史オタのまんまだっただろう。 あの頃、1983年6月のある日、偶々見る番組がな…

作品の好き嫌いはあるが

作品の好き嫌いは人それぞれだが、twitterのフォロワの内での『ばくおん‼︎』(おりもとみまな著、ヤングチャンピオン烈連載、秋田書店)の評価が不当に低すぎる。 そのフォロワがガソリンスタンドで撮影した『ばくおん‼︎』のポスター、映りがボケていて鮮明で…

仮面ライダーゴースト最終回

昨日は仮面ライダーゴーストの物語上の最終回だった。 前作のドライブから最終回の前に物語を終わらせるパターンが定着した。 最後の眼魔は女性だった、ちょっと意外。 まあ、アデルが納得ずくで消えたのはOOOのアンクからの伝統か⁉︎ もちろんタケルはゴース…

仮面ライダーエグゼイド

10月2日より始まる平成ライダー18作目の仮面ライダーエグゼイド 舞台は聖都大学付属病院である、主人公の宝生永夢(ほうじょうえむ、飯島寛騎)は小児科の研修医である。なんと主人公が研修医とはいえ医者と言う異色の職業である。 普段は明るく優しく患者に接…

仮面ライダーの変身エフェクト

仮面ライダーの変身エフェクトは昭和と平成ではかなり違う。その前に前回のバイクの補足。 平成仮面ライダーはマシンがはっきりしないと書いたがあとで調べると殆どがホンダのバイクの改造車であることが判明した。 (一台だけヤマハもあるが) 昭和仮面ライダ…

仮面ライダーのバイク

仮面ライダーのバイクは一部を除き殆どがスズキ製バイクを改造したものである。 (昭和ライダーに関しては) まず、記念すべき第1作目の『仮面ライダー』 無論1号や2号のバイクはサイクロンである。 しかし、サイクロンと言えど旧型と新型がある。 まず旧1号が…

ついにばくおん‼︎終わる

好評のうちにアニメ『ばくおん‼︎』は最終回を先週迎えた。 バイクに何の興味もなかった佐倉羽音(cv上田麗奈)が、来夢先輩や天野恩紗(cv内山夕実)との出会いで最初は「全然興味ありません‼︎」と言っていたものの、来夢先輩のカワサキニンジャに乗った後に概念…

中野千雨

おりもとみまなの漫画『ばくおん‼︎』に出てくるバイク部の後輩中野千雨 かって丘乃上女子学園のバイク部に所属していた母アキナとロードレーサーである中野欽也の娘である。アニメでのcvは木戸衣吹 いつも醒めたようなというか眉間にしわ寄せたような顔だが…

たまには懐かしヒーローに触れよう

円谷プロダクションがウルトラマンシリーズの片手間で製作した『ミラーマン』(1971年、フジテレビ)元はと言えば金城哲夫が円谷文芸部に所属していた時に遺していった企画であったらしい。しかし赤字を出して文芸部が活動停止後金城も退社したためにそのまま…

ばくおん‼︎は面白い

一部アニメーターには酷評されている『ばくおん‼︎』のアニメだが、俺は面白いと思う。 たしかにマジにバイクやってる人間からしたらバカにしてるのか⁉︎みたいな風に思われているのが低評価の原因だろうが、コメディ漫画だからいい。 なんでもマジになるのは…

ばくおんにハマる

かねてから放送中のアニメ、『ばくおん‼︎』にハマっている。深夜0時からであるが、濃い。これは前回のツーリングだが、やはりバイクに乗った美少女はいい。羽根も恩紗もいい顔してるじゃないか。仮面ライダーゴーストは、スペクターが、ディープスペクターに…

バイクは仮面ライダーだけじゃない‼︎

久々に仮面ライダーゴーストについて語るが、マコト(山本涼介)を取り戻すために何とか眼魔の世界に行こうとするタケル、しかしアランは協力を拒む、悪いやつじゃないんだが。前回はたこ焼き食べすぎで腹痛を起こすほどにたくさん食べて店のおばちゃんに「い…

漫画家の絵柄の変貌

最近仮面ライダーゴーストネタが殆どだったので閑話休題。話を変えて漫画家の絵柄の変貌について書く。例えば先月に最終回を迎えた『侵略!イカ娘』これが2007年の連載当初のイカ娘、かなり顔がシャープに描かれていてイカの頭部分が大きくそれなりにプロポ…

眼魔の世界の謎

仮面ライダーゴーストだが、前回はマコト=スペクターが眼魔の世界に乗り込みタケルはその手段を持たないので前回仲間になった画材眼魔(アカリはキュビちゃんと命名)の力を科学的に利用して眼魔の世界に飛び込んだ。そこは、仮面ライダーBLACKRXの怪魔界と同…

まさかの展開

この前の仮面ライダーゴーストは、アラン=ネクロムの操り人形に成り果てたネクロムスペクターがタケル=ゴーストや、唯一の妹のカノンの声まで聞こえないと言う展開だった。そして、大帝アドニス(勝野洋)やアデルの命を受けたイゴールがネクロムとは別行動…

カオスだなぁ

相変わらず『仮面ライダーゴースト』はカオス回が続いている。アラン=ネクロムが、マコト=スペクターに無理やりゴーストドライバーにネクロム眼魂をセットしネクロムスペクターにしてしまい無理やり洗脳し操っている回が続く。「これで本当の友になった」…

今年の仮面ライダー映画は仮面ライダー1号

今年の仮面ライダーの映画は仮面ライダー1号が主役。と言えばもうお判りですね。そう、藤岡弘、(70)が45年ぶりに主役を張るのだ。まあ、昭和vs平成で登場済みなんだが、今回はデザインがシャープになる。仮面ライダー1号のデザインが初期の旧1号に近いデ…

また一つの正義

久々に仮面ライダーゴーストを見たらいがみ合っていた天空寺タケル(西銘駿)と深海マコト(山本涼介)が和解していた。妹カノン(工藤美桜)をゴーストになったタケルが蘇らせたのもある。まあ、昔のようにはいかないが距離を置いてマコトはタケルに協力するよう…

ある程度の切なさ

今回の『仮面ライダーゴースト』は天空寺タケル(西銘駿)が切なさで変身して戦う。しかし、過去にも切なさで変身した仮面ライダーがいなかったわけではない。平成ではクウガやアギトも切なさが漂っていたし、龍騎、剣もある程度切なさが漂う。初期の仮面ライ…

仮面ライダーのモチーフの変貌

仮面ライダーのモチーフの変貌を一号からゴーストまで辿ってみるとする。仮面ライダーのモチーフは一号、二号はバッタだが、当初東映に持ち込まれた企画は『スカルマン』だった。モチーフは骸骨、当時東映のプロデューサーだった平山亨(1929-2013)は企画をス…

そういう因縁か

久々に『仮面ライダーゴースト』を見たらスペクターこと深海マコトは10年前に生き別れになったタケルと親しい間柄でタケルもマコト兄ちゃんと呼ぶほどだった。しかし、10年前のある事件がマコトを変えてしまった。妹を喪ったからである。以来マコトは亡くな…

城南大学って

城南大学とは仮面ライダーシリーズ(昭和期)では有名である。一話のみ城北大学となっていたがのちに城北大学在学生もアギトの葦原涼=ギルスの母校なのでまあ、入れておく。城南大学OB、本郷猛=仮面ライダー一号、一文字隼人=二号、風見志郎、城茂=ストロ…

仮面ライダーの変身前の基礎体力

この前は『ソフィーのアトリエ』をやりすぎて仮面ライダーゴーストを見事に飛ばしてしまい見ていなかった。不覚だった。ついでにソフィーのアトリエで本から人間体になるのはプラプタでなくプラフタの間違いだった、一字間違いだからよく間違えやすいんだよ…

目に見えない力をバカにするな

仮面ライダーゴーストの一コマから、天空寺タケル(西銘駿)が代理住職の御成(柳喬之)にかなり厳しく言われている。この御成がかなりこの作品のファクターを締めており、タケルの良き理解者でもある。目に見えない力を信じている。ヒロインの月村アカリ(大沢ひ…

仮面ライダーシリーズにも傑作と微妙な作品がある

仮面ライダーは今でこそ昭和平成の垣根は外されているが、ファンの間ではまだ賛否両論が分かれている。改造人間だった時代の仮面ライダーファンは、「平成ライダーは温い」と評価し、昭和生まれではなく平成ライダーしか知らない今のライダーファンは昭和ラ…

仮面ライダーゴースト第一話

この倒れている人は『仮面ライダーゴースト』の主人公である天空寺タケルの父である(西村和彦)タケルに全てを託して死んだそして、十数年後、修行がいい加減なタケルがいた。いきなり寺で修行、何の作品かと思う。タケルの幼馴染の月村アカリはゴーストの存…

さて、今回だが。

さて日曜日は『仮面ライダードライブ』の最後の事件と称した橋渡し回だが、次の作品である『仮面ライダーゴースト』のキーアイテムである眼魂(アイコン)が出てきてそれを悪い人間と途中で現れた眼魔が奪い取ろうとする回である。既に前回で事実上最終話とな…

仮面ライダードライブ最終話

仮面ライダードライブ本編最終話は今回だった。最後はドライブはハートと共に蛮野を追い詰める。メディックの犠牲も払って、そのメディックの最後のセリフが「ごきげんよう」おいおい!『GO!プリンセスプリキュア』からパクるなよ。結局ロイミュードはチェイ…

仮面ライダーゴーストちょい設定を紹介

10月4日から放映の『仮面ライダーゴースト』の設定を少し紹介する。仮面ライダーゴーストに変身する天空寺タケル(西銘駿)はなんと、いきなり命を落とす。つまりいきなり死ぬ。なんという設定だ。平成仮面ライダーはそれまでは劇中で一度死んだクウガの例はあ…

久々に『仮面ライダードライブ』の話を

本願寺課長変身仮面ライダードライブ、以前予告した通り本願寺課長が変身する。しかし不完全だったらしく、まだ問題が山積のようだ。なんだネタか。ゴルドドライブと腹黒幹部たち変節漢ブレン蛮野が好き放題しているゴルドドライブとハートを裏切り蛮野側に…

関西地区では今の時間にニチアサが‼︎

今テレビをつけたら『仮面ライダードライブ』の三週目放送分が放映されていた、もちろんこの後はプリンセスプリキュアである。何故週遅れで固めて放映しているのか⁉︎それはABC朝日放送が夏の高校野球選手権大会の放送をしているのでニチアサのこの二つの番組…

やはり蛮野は悪だった

やはりというかなんというか蛮野は悪だった。カップルっぽく見せるアベックが謎の失踪を遂げる事件で進ノ介と霧子は私服でそれっぽく見せて事件の真相究明を調べることになった。チェイス、免許を取るために教習剛、行かなきゃ!四輪免許がないチェイスが自…

仮面ライダーゴースト

現在放映中の『仮面ライダードライブ』の次は『仮面ライダーゴースト』であるのはもうご存知の人も多いと思うが漸く画像が入った。仮面ライダーゴーストコートをつけた辺りはウィザードと少し似ているし顔は変態仮面に似ていなくもない。今回の売りは眼で、…

殆どラブラブなんだが

久しぶりに『仮面ライダードライブ』について書く。泊進ノ介の父英介を殺害した真犯人は仁良ということでカタがついたこともあり、また普段の話に戻った。傍迷惑なロイミュードとりあえず撃退した進ノ介冒頭からロイミュードとドライブとの戦いが描かれてい…

やはり仁良は最低野郎だった

卑怯なブレンつくづく卑怯なブレンも最低だが、仁良はもっと卑怯で最低野郎だった。マッハ久々にマッハが現れた、ハートとのタブレット取り合いのために。卑怯なロイミュードミニカーと共にチェイス003、つまりブレンが仁良に貸してやっているロイミュードだ…

どこまで卑怯な仁良光秀

狙撃した仁良 先週の仮面ライダードライブは先々週がゴルフの全米オープンで流れたために一週間前倒しの形になり放映された。今週はなんと仁良光秀(飯田基祐)が特状課に籠城するという話だが、やはり進ノ介の父泊英介殺害を全然悔やんでないらしい。他のドラ…

進ノ介の父英介を殺した真犯人は⁉︎

前回の仮面ライダードライブはフリーズ001にやられた進ノ介が奇跡の復活を果たすお話だが、001が断末魔に言った「それでお前の親父の仇を討ったと思うな‼︎」というセリフの答え合わせの回である。何もない日常、サボって昼寝している進ノ介に霧子が注意する…

ドライブ進化

泊進ノ介殉職勝ち誇る001たち前回の戦闘でフォーミュラードライブはフリーズ001究極進化体(以降フリーズ001)に敗北し、進ノ介は殉職した。「我々の勝利だ‼︎」とばかりにブレンやマッハを従えて勝ち誇るかのように去る。霧子は信じられない、進ノ介の死を。進…