読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泊進ノ介、殉職

チェイサーとマッハのやり合いそれを見ているフリーズ001やめるんだ‼︎いつも毎度のチェイサーとマッハのやり合い、不毛な戦いに見えるがそれを平然と見ているフリーズ。進ノ介は「やめるんだ‼︎」と言っても聞かない。本願寺課長とベルトさんとのやりとり変身…

まさかの真相

呑み屋でブレンと剛前回ドライブに立ち向かって行った剛に奢るブレン、しかし何故居酒屋みたいなところなんだ⁉︎ブレンが剛に囁く「これからもよろしく頼むよ、仮面ライダー」と剛に言うブレン、とことん利用してやろうという魂胆が見え見えだ。冷静さを欠い…

進ノ介の父殉職の過去とマッハの裏切り

銀行を襲うロイミュード突然ロイミュードが銀行強盗に入り、銀行員や客を恐怖に陥れる。襲撃に驚く人々襲撃に驚き恐れおののく客に対して進ノ介はドライブに変身し、応戦する。が、ロイミュードは小賢しく逃走する。冒頭では魔進チェイサーのハートとブレン…

弟と妹の違いはあれど

今回の仮面ライダードライブは前回、剛の父親がロイミュードを作り出したという衝撃の事実が明らかにされる。故にロイミュードは仇であり、チェイスも仮面ライダーとは認めないのだという。進ノ介の謹慎処分はなんと進ノ介がチェイスとの協力で仁良光秀課長…

ドライブ謹慎

仮面ライダードライブであるが、りんなが新しいバイクを発明した。ドライブ、マッハ、チェイサーが乗ると想定してのバイク。しかし、剛は拒絶する。「あいつは、仮面ライダーじゃない‼︎」剛、チェイサーを認めないしかし、霧子は違う、同じ仲間じゃないとい…

仮面ライダーチェイサー

Instagram 今回の『仮面ライダードライブ』は敢えて特状課の課長本願寺純(片岡鶴太郎)が特状課内に仮面ライダーがいると言うことを明かす。普通そういうものは公にはしないだろう平成の初期のクウガやアギトも未確認生命体四号とか言われていたし。敢えて明…

仮面ライダーマッハのリベンジマッチ

Instagram昨日の『仮面ライダードライブ』はマッハのリベンジマッチ回だった。事件の発端はこの高校生がロイミュードに脅されなりすまして爆発事件が相次ぐだった。立場がない高校生。特状課も調査に手こずる。Instagram困り果てた泊進ノ介、どうにもこうに…

仮面ライダードライブとニンニンジャーの関係

昨日の仮面ライダードライブはニンニンジャーとのコラボ話だった。まあ、ディケイドであったシンケンジャーとのコラボ話とよく似ている。ニチアサの枠を越えた繋がり話である。怪人に追われ霧子が運転する車に進ノ介とアカニンジャーが乗った時のやりとりは…

風よりも速く!

昨日の『仮面ライダードライブ』は、謎の爆破事件が都内で起きて一課の追田警部補が特状課まで来て事件の概要を語り「なんだ今日は特状課のメンバーが少ないな⁉︎」と見たら本願寺課長は休暇中。(片岡鶴太郎のスケジュールの都合か⁉︎)でりんなもいない、霧子…

あれで終わるわけないだろ

昨日の仮面ライダードライブは魔進チェイサーのチェイスとドライブのガチ対決だった。お互いの意地をかけて勝負(これはエンターテイメントの避けて通れない鉄則)でパワーアップしたドライブとチェイスの対決になり、ドライブがトラック砲というフォームでバ…

ifは禁物だが

if(もしも)は禁物だが、これがこうなっていたらテレビはまだ面白かったのかもというのはある。もしも、Pプロが特撮作品から撤退しなければ…フジテレビは今も特撮作品をやっていただろう。もしも、石森プロがテレ朝に仮面ライダーの版権を売らなければ…今でも…

やはりコケた大河ドラマ『花燃ゆ』

やはりというかなんと言うか今年の大河ドラマ『花燃ゆ』は最低視聴率を記録した。わかりやすく言えば『コケた』と言う事である。主演が子役からの叩き上げで、『キッズウォー』で名を売った井上真央。しかも吉田松陰の妹の杉文役である。知らないよなあ吉田…

GO!プリンセスプリキュア

ニチアサ三本柱の一つのプリキュアシリーズだが既に『GO!プリンセスプリキュア』に決まった。シリーズ12作目10代目に当たる。そして、シリーズ初の中学一年生主人公になる。今迄に一年生は『YESプリキュア5』の春日野うらら=キュアレモネードがいたが主人公…

仮面ライダーマッハ

前回進ノ介=ドライブがハートの心臓をキャッチしたままつづきになった仮面ライダードライブ。つづきは新しいシステムが現れ最悪事態は逃れてドライブとハートは人間体にいつの間にか戻った。その後ロイミュードを調べた結果犯人はある男が判明するのだがそ…

真実ってなんだろう

毎度おなじみの仮面ライダードライブだがベルトさんことクリム・スタインベルトが魔進チェイサーたちに暗殺されたくだりやベルトを託したプロトドライブが過去に魔進チェイサーの一人のハート(モデルは新選組の近藤勇)に倒された事も。特状課はクリスマスパ…

つくづく思うのだが。

つくづく思うのだが、美少女アニメに出るキャラは必ず最近はテレ朝のニチアサシリーズのプリキュアに抜擢される。今年の『ハピネスチャージプリキュア!』の中島愛(マクロスFのランカ・リー)戸松遥(ソードアートオンラインのアスナ)など、昨年の『ドキドキ!…

例え時代が変わっても。

霧子に刃が向けられる前回の『仮面ライダードライブ』当たったのかと思いきや何故か霧子に当たらなかった。あれが当たっていたら生身の霧子は簡単に死んでしまうからなあ。ヒロインが早々退場はヤバいし歴代仮面ライダーを見ても死んだヒロインは美山姉妹を…

ゲーム色々

ゲームも最近は色々ある。RPGでも多様化している。RPGを普及化した『ドラクエ』シリーズ、それとは違う進化をしたファイナルファンタジーシリーズなどや、RPG的なアドベンチャーゲームの『サクラ大戦』シリーズや、ドラマチックホラーの『バイオハザード』シ…

なんでも実写化すればいいってもんじゃない。

やはりと言うか実写版『地獄先生ぬ〜べ〜』は内容が酷かった。主人公のぬ〜べ〜マヌケ過ぎだろ⁉︎ジャニーズ使えばいいってもんじゃない。舞台を小学校から高校にしたのもまずかった。妖怪に興味を持つのは小学校までで高校生は「いねえよそんなもん」と全く…

サクラ大戦シリーズへの作品愛その二

昨日は3まで書いたが売り上げを落としたとは言えかなりの評価を得た3は今を見ても作品中最高傑作だった。クリアした後もダウンロードシステムでゲームでは描かれなかったドラマがあったからである。カジノも出来てかなりの傑作だった。作者の広井王子が2001…

サクラ大戦シリーズへの作品愛

今を遡ること18年前にセガが当時サターンというハードで発売した『サクラ大戦』はそれまでのゲーム感を見事に覆した。簡単に言うとロボットアニメものとときめきメモリアル的な要素やシミュレーションゲームを融合させた作品だった。原作は広井王子、脚本は…

今やHIKAKINは有名人

今やヒートボクサーのHIKAKIN(1989年4月21日新潟県生まれ)は有名人である。主な活動はYouTubeであり、様々な事をしている。漫画飯に挑戦したり、奇妙な食品に挑戦したり、デスソースを舐めたりとかゲームに挑んだりと多種多様に動画を配信している。初めは故…