特撮

風よりも速く!

昨日の『仮面ライダードライブ』は、謎の爆破事件が都内で起きて一課の追田警部補が特状課まで来て事件の概要を語り「なんだ今日は特状課のメンバーが少ないな⁉︎」と見たら本願寺課長は休暇中。(片岡鶴太郎のスケジュールの都合か⁉︎)でりんなもいない、霧子…

一回つけられたイメージは中々抜けない

例のようにニチアサを見ていたら仮面ライダードライブで、かって仮面ライダーだった魔進チェイサーのチェイスをどうにかする話だった。進ノ介はなんとかチェイスに正義の心を取り戻して欲しいと考えるが、剛は「チェイスに心なんてない!」と容赦無くチェイ…

えっ⁉︎

今回の仮面ライダードライブは特状課のおたく(失礼)西城究がロイミュードだったという疑惑から始まる。結局はそれは西城のコピーで本物は操られていただけという事実が判明し、とりあえずはドライブ&マッハは敵は撃破し、西城を救う。つくづくもアップ出来…

仮面ライダー三号

仮面ライダー三号が今回の映画のテーマだが、これはかって作者石ノ森章太郎氏(1938-1998)が漫画雑誌内で描いていた企画で、V3にリニューアルするためにお蔵入りした企画である。42年前にボツになった企画を引っ張り出したのは白倉伸一郎内容は三号が現れたた…

ハーレー博士

昨日の『仮面ライダードライブ』にハーレーダビッドソンにまたがったちょっとイかれ気味のハーレー博士が出演した。演じたのは大月ウルフ大月ウルフと言えばハーフであり、かなり古い時代から特撮に出演していた。モノクロだった時代の『忍者部隊月光』極度…

テロリスト許さん‼︎

イスラム国が人質の後藤さんを殺害(首を斬る)してその悲惨な画像をアップしたために、テレ朝のニチアサはトッキュージャーを放送中止し、ニュースに当てた。全部ニュースにするわけには行かないので、『仮面ライダードライブ』や第一話放映の『GO!プリンセ…

なんだかんだで協力している仮面ライダーマッハ

まあ、姉が警官という役職のためになんだかんだで協力はしている詩島剛こと仮面ライダーマッハ。見ようによっては進ノ介よりもライダーらしいライダーと言える。まあ、Wライダーキックなんて一号二号以来ではないか⁉︎まあ、姉との関係の他にもまあ、様々な事…

仮面ライダーの変身方法

仮面ライダーの変身方法を昭和から現在にかけて検証してみた。確か旧一号の本郷猛(藤岡弘、)はバイクに跨って風をベルトに取り込み変身する仕掛けになっていた。しかし、八話撮影中にバイクの転倒事故を起こして左大腿部複雑骨折の重傷を負い一時降板を余儀…

仮面ライダーマッハ

前回進ノ介=ドライブがハートの心臓をキャッチしたままつづきになった仮面ライダードライブ。つづきは新しいシステムが現れ最悪事態は逃れてドライブとハートは人間体にいつの間にか戻った。その後ロイミュードを調べた結果犯人はある男が判明するのだがそ…

真実ってなんだろう

毎度おなじみの仮面ライダードライブだがベルトさんことクリム・スタインベルトが魔進チェイサーたちに暗殺されたくだりやベルトを託したプロトドライブが過去に魔進チェイサーの一人のハート(モデルは新選組の近藤勇)に倒された事も。特状課はクリスマスパ…

ウルトラマンの放送権がいつの間にかテレ東に

最近ウルトラマンの新シリーズの『ウルトラ超銀河伝説』がTBSではなくテレビ東京で放映されている。円谷プロダクションが円谷一族から離れて買い取られた後に放送権もTBSから移籍したのはわからないが。長年ウルトラマンはTBSの看板ヒーロー物だった。モノク…

例え時代が変わっても。

霧子に刃が向けられる前回の『仮面ライダードライブ』当たったのかと思いきや何故か霧子に当たらなかった。あれが当たっていたら生身の霧子は簡単に死んでしまうからなあ。ヒロインが早々退場はヤバいし歴代仮面ライダーを見ても死んだヒロインは美山姉妹を…

昨日の仮面ライダードライブ

昨日の仮面ライダードライブは都内のビル爆破が相次ぎ数多の犠牲者が出るという話だった。頻発するのはおかしいと、特状課が動き出す。調べ上げたらある新聞社⁉︎(雑誌社説もある)のカメラマンとライターが浮かび上がった。その二人に真相を迫る進ノ介。しか…

人間は守るに値すべきものなのか⁉︎

かなり気になるつづくお話で『仮面ライダードライブ』 を見た。敵のロイミュートのブレンに毒を注入されたドライブ=泊進ノ介は、ベルトさんが出したタイヤでかなりの激痛を伴う荒療治で命は何とか取り留め進ノ介は変身解除後に気を失う。進ノ介は気がつくと…

迫力の凄いデブの正体

遅ればせながら先週の『仮面ライダードライブ』の迫力の凄いデブの正体は多分安田大サーカスのヒロ説が強い。確かにあの迫力は恐ろしく強い。満たされない欲望も凄い。部下を連れ立って悪さの限りを尽くすのだが、やはりあさましい飽くなき欲望のためかかな…

今週ニチアサは全部飛ぶ。

今週のニチアサは、駅伝大会のために、『トッキュージャー』も『仮面ライダードライブ』も『ハピネスチャージプリキュア!』も一回休み状態になり、飛ぶ。ニチアサファンの方々にとっては駅伝大会のせいでみんな飛ぶのだから残念というか腹立たしい人もいる…

今週の仮面ライダードライブとハピネスチャージプリキュア!は熱かった。

今週の『仮面ライダードライブ』と『ハピネスチャージプリキュア!』はある意味熱かった。仮面ライダードライブはなぜ霧子に笑顔が消えたのかをはっきり描いていたし、敵がアートしたキチガイっぽいのも凄かったし進ノ介が段々主役らしくなっていくのがかっ…

何故仮面ライダーの放送著作権がテレ朝にあるのか。

今の平成仮面ライダーしか知らない人はいざ知らず昭和の昔から仮面ライダーを見ていた(知っていた)人は何故仮面ライダーの放送著作権がテレ朝にあるのかが不思議に思えるが、昔の話をすれば納得は行くかもしれない。時は四十年前に遡る。その当時ウルトラマ…

仮面ライダードライブの第一話感想

好評のうちに終わった仮面ライダー鎧武に代わり新番組仮面ライダードライブが始まった。場面は、半年前に泊進ノ介(竹内涼真)が事件を追い、同僚の早瀬明に自らの過失で再起不能の重傷を負わせた悪夢から始まる。世の中にはそれ以前にも魔進チェイサーによる…

仮面ライダードライブ

仮面ライダー鎧武が終わった次は仮面ライダードライブであると言う事は前からも言っていたが、その詳しい話は少しだけだが言うと、警視庁の刑事である泊進ノ介(竹内亮真)は行き過ぎた捜査が原因で同僚の早瀬明に再起不能の重傷を負わせたために特状課に島流…

柳田理科雄の子供の夢壊し本。

柳田理科雄(1961-)は鹿児島県種子島に生まれた。父の『これからは科学の時代だ』の意味を込められて理科雄と名付けられた。なんとペンネームではなく本名である。 少年時代は梶原一騎に傾倒し、かなりの影響を受けて育ち、『巨人の星』の星一徹の言葉の「男…

ウルトラマンと仮面ライダーの両方に出た俳優

日本が生み出した二大ヒーローは『ウルトラマン』と『仮面ライダー』だが、その二作品に出た俳優が多数いる。一番有名なのはウルトラマンで科学特捜隊のムラマツ隊長を演じた小林昭二さんが仮面ライダー一号からストロンガーまで仮面ライダーの後見人的な役…

特撮ヒーローの飲食店

特撮ヒーローをかって演じた俳優及び女優の店はかなりあるが有名な店をピックアップすると『ウルトラセブン』のモロボシ・ダンこと森次晃嗣氏が経営する神奈川県藤沢市鵠沼海岸にあるカフェテリア『ジョリーシャポー』は以前に紹介した。そのウルトラセブン…

ステーキハウスビリー・ザ・キッド東陽町店余話

ステーキハウスビリー・ザ・キッドのHPのオーナーである倉田てつを(本名柿本哲夫)のプロフィールにはいきなりこう書いてあった。『君は見たかステーキが真っ赤に燃えるのを』と書いてある。これは自らが歌唱した『仮面ライダーBLACK』の主題歌の歌詞のセルフ…

ステーキハウスビリー・ザ・キッド東陽町のHPを見たら

ステーキハウスビリー・ザ・キッド東陽町のHPを見たらかなりリニューアルされていた。まずはプロフィール。倉田てつをの本名が高山哲夫から柿本哲夫に変更されている。母親が離婚して母親の姓にしたからか⁉︎息子も柿本光太郎だしな。メニューは基本的に変わ…

思ってみれば

思ってみれば平成仮面ライダーのデザインの元は仮面ライダーBLACKにあったのかも知れない。仮面ライダーBLACKは作者の石ノ森章太郎氏がこれまでにない新しい仮面ライダーをのコンセプトで制作された。かってのシリーズの制作者を入れ替え、音楽担当も菊池俊…

仮面ライダーの学歴。

仮面ライダーは改造人間であった昭和ライダー(雨宮三部作も含め)と基本的に生身でベルト装着の平成ライダーに分かれるが学歴を調べると意外な事実が分かったので、どちらも纏めて紹介する。本郷猛=仮面ライダー一号→城南大学に在籍し、研究員の傍らモトクロ…

新しい仮面ライダーは仮面ライダードライブ

平成仮面ライダーシリーズ16作目は10月5日に放映が開始される『仮面ライダードライブ』に決まった。仮面ライダーなのにバイクに乗らず車に乗る異色のライダーだ。主人公は刑事の泊進ノ介を竹内涼真が演じる。今回のライダーはベルトが意思を持つと言う設定で…

平成仮面ライダーの職業。

さっきは昭和仮面ライダーの職業について書いたが今度は現在も継続中の鎧武も含めての平成仮面ライダーの職業について書いてみる。五代雄介=クウガ→冒険家という事だが無職に近い。津川翔一=アギト→バイトからレストラン経営者に。城戸真司=龍騎→記者見習…

仮面ライダーの職業

ウルトラマンシリーズは大体が地球防衛チームの隊員であり、職業の心配はないが、仮面ライダーの職業についてはあまり公表されてはいない。しかしヒーローだけで儲からないのはどちらも同じで、仮面ライダーも普段は仕事に就ている。一号から紹介して行く事…

平成仮面ライダーの最終回

この前は昭和(雨宮三部作も含む)の最終回について述べたが、今度は平成仮面ライダーについて述べた最終回について述べる。平成仮面ライダーは昭和仮面ライダーとは違うのは改造人間ではない。(外科医療が進んだためと悲哀を抱かせないため)と敵の悪の組織が…

仮面ライダーシリーズの最終回

仮面ライダーシリーズの最終回は昭和と平成を合わせて20回近くある。その最終回それぞれが必ずしも同じではない。1994年から96年にかけて書かれていた怪獣VOW(宝島社)では一括りっぽくさせられているがめんどくさいから適当に書いたにすぎない。仮面ライダー…

森次晃嗣の事について

森次晃嗣のカフェ『ジョリーシャポー』での接客態度のそっけなさについてはこの前に書いたがそうなったのには理由がある。『ジョリーシャポー』は開店してから20年以上経つそうでその頃の森次晃嗣氏は極めて気さくでサービスの良いオーナーであった。ファン…

いつどうなるかドキドキ

この前に森次晃嗣氏のカフェレストラン『ジョリーシャポー』について書いたが店の玄関近くに飾ってあったウルトラセブンのマスクが盗まれてしまい未だに犯人は捕まっておらずセブンのマスクも森次氏の手元に戻らない。氏は時々店に現れて昔の知り合いに冗談…

仮面ライダー改造比較論その3

仮面ライダーBLACKRXが放映終了して3年後の1992年にOVAで『真仮面ライダー序章』が製作された。製作したメインはRXでデザインに参加した雨宮慶太。謎の財団が運営する研究所で風祭真(石川功久、後に石川真)は父大門(石濱朗)の手により細胞強化の実験台になっ…

仮面ライダー改造比較論その2

先程は昭和一期ライダーについて書いたが今度は昭和二期目の仮面ライダーについて書いておきたい。スカイライダーはタイトルは『新仮面ライダー』である。ストロンガー放映終了後四年の空白を経て原点回帰としてまた仮面ライダーが帰ってきた。今度は空を飛…

仮面ライダー改造比較論

平成仮面ライダーは基本的には改造人間ではないからこの比較論からは除外だが昭和仮面ライダーは全てが改造人間だった。まあ、平成に入ってからのシンやZO、Jも改造人間であるがビデオ版だったり、劇場版である。まあ、これもおまけに入れて考えたい。まずは…

つくづくも惜しいのは

特撮ヒーローでつくづくも惜しいのは巨大ヒーローのウルトラマンを制作した円谷プロダクションがパチンコのフィールズ傘下に入ってしまいパチスロにウルトラマンが使われてしまっている事だろうまあ、円谷は買い取られてしまい版権がフィールズにあるから仕…

仮面ライダーBLACKRX

仮面ライダーBLACKの続編に仮面ライダーBLACKRXがある。前作に主演した倉田てつをがまた南光太郎として主演する特撮ヒーロー物である1988年10月から翌年の9月まで毎日放送系で放映された。話のあらすじをざっと紹介すると、ゴルゴムを滅ぼして不毛な戦いを終…