読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフィーのアトリエ

コーエーテクモゲームズ長野スタジオ(旧ガスト)が贈るアトリエシリーズ17作目、『ソフィーのアトリエ』

https://instagram.com/p/49UQd8xrtG/

ソフィー・ノイエンミュラー

まだまだ半人前の錬金術士ソフィーが、祖母が遺した本『プニでも出来る錬金術』という本を見つけてから、意思を持つ本プラプタと出会い、錬金術を覚えて行く話である。

そして、プラプタも人の姿になる。

https://instagram.com/p/49UYdrRrtT/

プラプタ

cvはソフィー・ノイエンミュラーが相坂優歌、プラプタは井口裕香である。

このゲームには朝、昼、夜の時間概念があり、それにより採れる素材が変わったり、魔物が強くなったりする。

言わばドラクエⅢやⅣやVにあったような概念があるのだ。

あれを思いついたのはチュンソフトを立ち上げた中村光一である。

リアルタイムに時間により朝、昼、夜と変わる概念をゲームに持ち込んだ。

ファミコン時代に熱狂したあの概念がまたゲームで蘇るとは感慨深い。

キャラクターデザインは今迄アトリエシリーズのキャラデザをした左に変わり、NOCOとゆーげんが担当する。

ソフィーのデザインはNOCO、プラプタのデザインはゆーげんが担当している。

NOCOは『艦これ』などのデザインで有名で、ゆーげんもゲームのキャラデザやライトノベルで挿し絵を描いていたりする。

シリーズが新しくなるので変えてみたということか。

このゲームのテーマは『錬金術の再生』である。

ソフィーや、記憶の大半が抜け落ちたプラプタを中心にどんな展開が待つゲームなのかは9月25日(予定)を待たないと何とも言えない。

PS4、PS3PSvitaで発売する。

どんなドラマが展開されるのかが楽しみである。