やはり勘違いとかすると影響するのかな

やはり勘違いとかすると影響するのかな勝負事は。
去る10月22日にプロ野球選手の運命を決めるドラフト会議が行われた。

注目選手は、県立岐阜商の将来性豊かな本格派投手高橋純平と、今年の高校野球甲子園大会夏の優勝投手小笠原慎之介、同大会準優勝投手の仙台育英高の佐藤世那、同じく仙台育英内野手平沢大河、仮面ライダーアマゾン並みの快足と広い守備位置を誇りシングルヒットを二塁打にする驚異の身体能力を誇るオコエ瑠偉外野手、六大学野球最多安打記録を47年ぶりに更新した明治大学の外野手、高山俊。
同じく明治大学の大型左腕の上原健太、駒大の左腕投手で即戦力候補の呼び声が高い今永昇太、などなどの選手の動向が注目された。

まずは一位指名、パの最下位に終わった楽天イーグルスは、かねてからの宣告通りに平沢大河を一位指名、セで一時は首位に立つもズルズル失速し結局最下位に終わり、中畑清監督が退任し、新たなる新監督にヤクルトや巨人や横浜DeNAで活躍したアレックス・ラミレスを監督に迎えた横浜DeNAは駒大の左腕今永昇太、
大型補強して優勝候補に上げられながら全く戦力が機能せず監督が途中休養に見舞われたオリックス青学大の強打の外野手、吉田正尚、
スタートから蹴つまずき、あまり良い位置にいることがなかった中日はやはり地元選手をやるものかと県立岐阜商の高橋純平を指名した。

明るい話題が秋山翔吾の連続安打記録と最多安打記録と高橋光成の活躍しかなかった埼玉西武は富士大の本格派投手多和田真三郎を指名し、優勝候補に上げられながら最初の躓きが響き、不運もあり三位にも入れなかった広島は大商大の本格派投手の岡田明丈を指名した。

9月までは首位で折り返すも9月にズルズル失速し、優勝はおろか三位すらやばくギリギリ三位に残るもクライマックスシリーズで敗退し、スパイスなどとか言って何をやりたかったのかさっぱり分からなかった不倫監督和田豊が退任し広島でトリプルスリーを達成しFAで阪神に入り中軸選手として活躍した鉄人、金本知憲を新監督に迎えた阪神タイガース明治大学の外野手高山俊を指名した。当初は去る9月に急逝した中村勝広GMが一番注目していた県立岐阜商の高橋純平で行くと言われていたが監督が変わったために方向転換した。

下剋上を目指しクライマックスシリーズソフトバンクホークスに挑み歯が立たなかった千葉ロッテマリーンズはなんと平沢大河を指名‼︎やはり横槍を入れて来た。

優勝を期待されながらも結局打力不足で優勝を逃し、原辰徳監督が辞任し監督不在のままにドラフトに挑んだ読売ジャイアンツ立命館大学のタフネス本格派投手桜井俊貴を単独指名、予想では高山俊で行くと言われていたがドラフト前に高山が右手有鈎骨骨折のアクシデントに見舞われたためにパスしたか⁉︎

二位になりながらもクライマックスシリーズのファーストステージでまさかの敗退を喫した北海道日本ハムファイターズはやはりというか、高橋純平を指名して来た。この球団はその年の良い選手を優先指名する姿勢がある。

前年最下位から見事に優勝に輝いた真中満監督の率いる東京ヤクルトスワローズはかねてからの公言通りに高山俊を指名して来た。骨折の話は聞いてはいたが、評価を変えずに指名した。

そして、圧倒的戦力で優勝した工藤公康監督のソフトバンクホークスはやっぱり高橋純平を指名して来た。

単独指名は、横浜DeNAの今永、オリックス吉田正、広島の岡田、西武の多和田、巨人の桜井。これらは重複しなかったためにそのまま交渉権獲得になった。
やはりこれらの球団は無難策を選んだ。

さて、重複した平沢は楽天千葉ロッテとの抽選になり、黄金の右手の異名を持つ立花社長がくじを引いた楽天と相撲の親方みたいに太った千葉ロッテの監督伊東勤がくじを引いてなんと千葉ロッテが当てた‼︎

その時の平沢の顔は見るに耐えなく引きつっていた。地元宮城県出身で本人も楽天志望だっただけに。

そして、阪神とヤクルトの間で重複した明治大学の高山俊も抽選になり、引いたのだが、最初雄叫びを上げたのはヤクルトの真中満監督だった。初めての仕事に挑んだ阪神金本知憲監督は頭を掻きながらテーブルに引き揚げた。

俺は見ていて「あ〜あ、ヤクルトかよ!ケッ!故障持ちなんてこっちから願い下げだ‼︎」と
思いふなっしーみたいに丸々太った真中満監督のインタビューを横流しで聞いていた。

しかし、CMの後になんと、真中満監督の確認ミスで、ヤクルトは外れくじを引いていたらしく、くじを見ずに引き揚げた金本監督に当たりが入っていたらしく、結局高山の交渉権は阪神に決まった。

どうやら真中監督はNPBのマークを見て当たりを確信したらしい、当たりにはその下に『交渉権獲得』と書いてあるのだが上だけ見て当たりと思い見落とした初歩的ミスである。

だからテーブルに戻り渋々くじを見たら『交渉権獲得』と書いてあったくじを持った金本知憲監督に運命の神様が微笑んだ。
 
勿論インタビューがあったが金本監督は「ビデオ判定でホームランに判定が覆った感じですかね⁉︎」とわかりやすく説明し、明治大学のキャンパスの会場にいる高山に「練習はきついよ‼︎」とエールを送った。

一回ヤクルトと思ったのに一転阪神に決まり、心の整理が出来ていない高山はなにがなんだかわからなかった感じだったが。俺だって「えっ嘘⁉︎当たり⁉︎」と言う気持ちだったし。

願い下げなんてすみませんでした。高山くん、骨折手術成功したからきっちりリハビリして、来年キャンプで扱かれて、定位置がない阪神の外野のレギュラーを取るんだよ。君なら出来るしやれる‼︎

そして一番重複した県立岐阜商の高橋純平はなんとソフトバンクホークスが当てた。箱の中で封筒を落とした工藤監督を見て不吉と思ったのだが…。
なんかうまくいきすぎなんだがソフトバンク、優勝はするわドラフトには勝つは、全く可愛気も何もない‼︎ハゲチャビンオーナー(孫正義)球団め‼︎

そして外れ一位になったが相思相愛の平沢を取られた楽天はオコエ瑠偉の交渉権獲得。
杜の都で天然芝に生まれ変わるコボスタ宮城でジャガーのように地を蹴って走るオコエの姿が目に浮かぶ。(仮面ライダーアマゾンのEDアマゾンダダダの歌詞から拝借しました)

中日は、小笠原慎之介を日本ハムとの抽選の結果、引き当てた。
プロでもトップギア全開で頼む‼︎
(仮面ライダードライブから、主人公の泊進之介のセリフから拝借)

高橋も小笠原も外した日本ハム明治大学の左腕投手の上原健太を指名。
しかしこの前二回7失点KOだったな大丈夫か⁉︎
真中監督の勘違いで一位指名引き直しになったヤクルトは東洋大のコントロール型投手原樹里を指名した。奇しくも出身は阪神の地元関西の東洋大姫路高で、高校時代は「黄色いハンカチ王子」の異名があった。

まあ、この後も指名は続き佐藤世那(名前の由来は不世出のF1チャンプのアイルトン・セナ)(1960-1994)はオリックスが指名した。下位で。
リリーフならば使える。アーム式投法なので、故障と紙一重だが。

病で先に逝った母に甲子園出場と、プロになることを誓った専大松戸高校の本格派投手にして主力打者の原嵩(じゅん)は千葉ロッテが五位指名した。
さぞ天から原嵩の母は喜んでいるだろう。
本人も「母さんに恩返ししたい」と言っていたし。(爽やかだ)

逆にムカついたのはかって巨人やロッテで活躍し、ロッテの監督経験もある山本攻児の息子の武白志(むさし)九州国際大附属高の一塁手

横浜DeNA育成ドラフトの二位指名が気に食わなかったのか⁉︎本人は悔しい気持ちとか言ったり、テレビで出ていた母親も嫌そうな顔をしていたし、父の攻児(病気療養中)もかなり複雑なコメントをしている。

確かに甲子園で三本ホームラン打った長打力は認めるが順位が下なのは守備がド下手だからだろ‼︎プロに指名されたんだからありがたいと思わないと。指名漏れした選手もいるんだから。

まあ、ドラフトの成功失敗は今の段階ではわかりはしない。各球団の思惑があるのだから。
阪神は高山のくじを当てたのに失敗扱い、無難に指名したオリックスが一番得をしたなんて書かれてあの後かなり落ち込んだ。クジで当てたのに失敗扱いするな‼︎なんなら無難な指名なら良かったのか⁉︎
一番成功したのはソフトバンクなのは誰だって分かる。全員高校生指名だからな。

そんなこんなで日本シリーズが始まったが、やはりというかソフトバンクがヤクルトを寄せ付けない。
点差以上の負けをヤクルトは喫している。
これが実力の差なのか…。

しかし真中監督はドラフトから勘違いして恥をかいた上にシリーズまでソフトバンクにやられ放題とは、やはり勘違いも影響しているのかな
あれで不吉とは思ったのだが。

ソフトバンク強すぎ、内川が肋骨骨折で離脱しているのに全く影響がない。チート級の強さと言うか…。