読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年の仮面ライダー映画は仮面ライダー1号

エンターテイメント 特撮 アニメ
今年の仮面ライダーの映画は仮面ライダー1号
が主役。
と言えばもうお判りですね。そう、藤岡弘、(70)が45年ぶりに主役を張るのだ。

まあ、昭和vs平成で登場済みなんだが、今回はデザインがシャープになる。
仮面ライダー1号のデザインが初期の旧1号に近いデザインにされる。

変身ベルトのタイフーンもマイナーチェンジされている。
しかし変身は「ライダー!変身‼︎」のままだが。

やはり藤岡弘、氏は鍛えているので70になってもまだ仮面ライダーが出来る。
もちろん歴代や現役のゴーストも登場する。

何気なくゴースト本編で1号アイテムを卑弥呼眼魂の人が手渡していたし。
まあ、良いんじゃないか宣伝にもなって。

さて、昨年は幻企画の3号だった。今年はリニューアル1号で来た。
来年はどうなるのか⁉︎

2号=一文字隼人(佐々木剛)顔が老けすぎて主演は難しい。
V3=風見志郎(宮内洋)病気した後老け込んだ感があり、ちょっと無理。
X=神敬介(速水亮)病気した後のちに出演してくれたが老け込み感がありあり。
アマゾン=山本大介(岡崎徹)すでに廃業しており、代役で主演立てても違う気がする。ディケイドでエンリケが演じたのは大根演技で酷かった。
ストロンガー=城茂(荒木しげる)既に逝去、代役立てるにもああいうワルっぽい役者いない。

スカイライダー=筑波洋(村上弘明)無理はないが本人出たがらないだろう。もう時代劇俳優としての地位を確立しているし。
スーパー1=沖一也(高杉俊介)老けすぎて痛い。
ZX=村雨良(菅田俊)顔がヤクザ、子供が怖がる。
 
いずれにせよ藤岡弘、氏以外は問題あったり役者が老けすぎたりで難しい。
そこで3号で出演した倉田てつをならば無理はない。

来年で仮面ライダーBLACKが放映されて30年が経つ。
もうこうなれば来年は『仮面ライダーBLACK』で良い。
RXではなくてBLACK。つまりゴルゴムの出番だ。

創世王の声を演じた渡部猛氏は故人だが、創世王の声は現代の声優で問題ないのではないか⁉︎
問題はシャドームーンの扱い。
今迄は人間体はディケイドでの月影ノブヒコがいたが、今回は南光太郎と兄弟同然に育った秋月信彦として。

秋月信彦を演じた堀内孝人は既に廃業しており無理だから別の俳優に秋月信彦を演じてほしい
が適役がいるか⁉︎

シャドームーンの声を担当したてらそままさきはちょっと無理あるし信彦のイメージではない
なら他に俳優を持って来るしかない。
貫禄が出た倉田てつを演じる南光太郎に見合う役者と言えば中々思い浮かばない。

いずれにせよそこをクリアしたら難しくはない
シャドームーンは自分では変身出来ないライダーだったが、今回は自分で変身可能にすればいい。変身ポーズとらない今のライダー風にベルトつけて「変身‼︎」なら大丈夫。

まあ、その問題は置いておいて恒例の新しいプリキュアシリーズの『魔法つかいプリキュア!』が放送された。
内容は、何にでも興味を持つ朝日奈みらい(高橋李依)が、夜空を見ていて不思議なものを見て、気になって翌日にそれを見に行ったらリコ(堀江由衣)に出会うと言う話だった。

箒で空を飛ぶリコをみらいが必死で止めてそれを振り切ろうとリコは高く飛ぼうとするが、空腹でばてて落ちて結局はみらいがパンを奢って何とかリコは事なきを得る。

その後お約束通り悪者のバッティーが出て来て(外見がドラクエ2ハーゴンみたい)ジュエルを寄こせとダンプをヨクバールにして迫る。

リコは「キュアップ・ラパパ‼︎悪者よあっちに行きなさい‼︎」と言うが全く効く訳ない。
そしてみらいも同じように唱えるが状況が変わる訳もない。

ああ、もうダメかと思った時、不思議な事が起こった。
二人のペンダントが共鳴し、新たなる力を手に入れた。

みらいがキュアミラクル、リコがキュアマジカルに変身した。とりあえずヨクバールは何とか撃退はしたものバッティーは諦めてはいない。

この事態を詳しく知るためにリコはみらいを連れて魔法学校行き列車に乗って魔法学校に行くことになった。

ぶっちゃけ簡単に説明したらプリキュアハリーポッター要素を入れた話である。
まあ、追加メンバーいるのか、最後まで二人なのかはわからないが、楽しめそうな内容だ。

もう既にオールスターズの映画は作られている。
f:id:franky202:20160208120634j:image

真ん中にいるのが『魔法つかいプリキュア!』のリコ、右横が前作のGO!プリンセスプリキュアの海藤みなみ(浅野真澄)左横がスイートプリキュア♪黒川エレン(豊口めぐみ)左奥がドキドキ!プリキュアの剣崎真琴(宮本佳那子)

変身名はリコがキュアマジカル、みなみはキュアマーメイド、エレンがキュアビート、真琴がキュアソード、いおながキュアフォーチュン、
せつながキュアパッションである。

しかし作品が進んだらみなみはともかく他がモブキャラみたいになるのね。仕方ないけど。
この中でいおなとせつなの手抜きっぷりが目立つ。

何か丸くされすぎでシャープさがない。まあ、現役が目立つ演出なんだろうが。