カオスだなぁ

相変わらず『仮面ライダーゴースト』はカオス回が続いている。
アラン=ネクロムが、マコト=スペクターに無理やりゴーストドライバーにネクロム眼魂をセットしネクロムスペクターにしてしまい無理やり洗脳し操っている回が続く。

「これで本当の友になった」というアランだがそれは本当の友じゃない!無理やり洗脳するのは単に意のままに操っているだけだ。

タケル、御成、アカリ、カノンはマコトを探すも中々見つからず、やがて現れたのはアランに操られ自我を失ったネクロムスペクターだった。

もちろんタケル=ゴーストのいうことなど耳に入らない、無理やり洗脳されてアランの意のままに動く人形みたいなものだから。

更にアランの兄アデルに命じられた科学者イーゴスが人間界に現れ、アランとは独自の活動をしている。

しかし今回の眼魔は絵を描くのが好きな眼魔だったな。上手い下手は別としてどっひゃ〜んな絵を描く。
しかし御成のツルピカ頭に絵を描くとはあんまりと言えばあんまりだが。

あらゆるものに絵を描いてどっひゃ〜んな芸術⁉︎にする眼魔なのだが、ちょっと喋り方が山下清風だ。「なんだな」が語尾についてる。

戦うことは基本的にせず、絵ばかり描いている
それを見たタケルはこの眼魔とは友達になれると確信する。
しかしイーゴスの妨害に遭い中々それが上手く行かない。

確かに山下清風眼魔は絵を描いてどっひゃ〜んな感性は理解し難いがそれで酷いことをするわけではない。しかしあらゆるものをどっひゃ〜んな絵にするだけが迷惑だが。

まあ、仮面ライダーアマゾンに出て来たモグラ獣人や仮面ライダーBLACKのクジラ怪人みたいに人に危害を加えない弱い怪人系列なのか。

いずれにせよゴーストはアラン=ネクロムに加えその傀儡に成り果てたネクロムスペクター、
アデルの命を受けて現れたイーゴスと四人と敵対することになってしまった。

カオス回ばかりなのだが、カノンの声も聞こえないだろう今のネクロムスペクターには。
無理やりネクロム眼魂をセットされていて自我がない状態なのだから。

迷うタケルを弁慶眼魂が「迷うな‼︎」というのだが。
あれ、今回仙人はいなかったな。竹中直人のスケジュールが都合合わないからか⁉︎

昨年のドライブの本願寺課長(片岡鶴太郎)は殆どの回に出ていたのだが。

御成のフルネームは山之内御成であることがわかった。キャラ的にはかっての仮面ライダー1号における立花藤兵衛的ポジションか⁉︎
霊的な力でタケルをサポートしているから。
アカリは科学絶対主義だから対照的だ。

しかし科学なんて名前を変えた錬金術だと思う
やっていること自体がわけわからない所など、例えばみんなはパソコンやスマホが操られてもそれがどうやって出来ているのかは具体的にはわからない、それである。

難しい理論を言っても理解するものは少ない。
錬金術も似たようなもの、金属でないものから金属を作り出すと言う所などは。

まあ、普通は鍛冶屋みたいな専用器具を使ったのが普通の錬金術で、昔流行った『鋼の錬金術師』はそう言う錬金術だった。

ガスト(現コーエーテクモゲームズ長野スタジオ)のアトリエシリーズ錬金術士は主人公は錬金釜を使った錬金術であるが、釜を使ってその中に材料を入れて調合し、作り上げる錬金術は実際にはない。あのゲームだけの世界なんだろうな。

しかも主人公が全員少女である。女子高生くらいの年齢の美少女が錬金釜でモノを調合して作り上げる。
初代のマリー(cv池澤春菜)から最新作のソフィー(cv相坂優歌)まで一貫している。

『エスカ&ロジーのアトリエ』の唯一の男性キャラ主人公のロジー(cv石川界人)が専用器具を使った最新式錬金術だったのは例外だが。

『シャリーのアトリエ』のWヒロインのうちの
シャルロッテ・エルミナス(cv上坂すみれ)の友人のミルカ・クロッツェ(cv日高里菜)は中央で学んだ最新式錬金術でやっていることがロジーの錬金術だった。錬成、分解、見方からしたら鍛冶屋にも見える。実際ミルカが鉄をカンカン打つ場面はまんま鍛冶屋である。

だから次回作の『ソフィーのアトリエ』でロジーが錬金術士ではなく鍛冶屋として出演するのは。キルヘン・ベルでは鍛冶屋としてソフィーたちの武器を鍛え直す役だった。因みに追加キャラではない。従って冒険パーティには入らない。

あのゲームではソフィーの仲間は昔からの友人のモニカ・エルメンライヒ(cv洲崎綾)、八百屋の倅で植物の声を聞くことができるデブオスカー・ベルーマ(cv山下誠一郎)、ソフィーの昔からの知り合いでやる気のない時計職人でありながら銃を作るのを得意としているハロル・ジーメンス(cv新垣樽助)、隣国からやって来た騎士のジュリオ(cv大河元気)、かっては傭兵で、現在は人形師のフリッツ(cv堀内賢雄)

複製をする錬金術を使い量販店を営む謎の少女コルネリア(cv近藤唯)
凄腕の仕立て屋であるレオン(本名はアメリア・レオンマイヤー、cv飯塚雅弓)など職業も立場もバラバラな仲間たちである。

それにソフィーが書いたことで喋れるようになった本、プラフタ(cv井口裕香)はのちに人形に魂を移しソフィーの冒険に参加する。
かっては人間の女性だったが何らかの理由で本に魂を移したらしい。

記憶の大半が抜け落ちているという設定である
それを取り戻すのもソフィーの目的でもあるが。

まあ、詳しくはAmazonで買うと解ることである。

最近通販は品物不足が続き配達の遅い駿河屋はなるべく避けてAmazonを利用することにしている。

駿河屋は対応が不親切、発送が遅い、品物の中に粗悪品も混じっている、品切れの商品が多いなど不満点が多い。
ゲーム、本、DVD、フィギュア、プラモデルなどを扱っている割りは商品が品薄である。

Amazonはゲームも本もDVDもフィギュアもプラモデルも扱っているが、基本的には何でも扱っている。

こちらでは手に入らないペヤングやきそばの大盛りやにんにくや激辛などや、激辛で有名なデスソースも手に入る。(くれぐれもヒカキンの真似はしないように、マジ辛い)

他にも服や家具や家電など様々なものが揃う。
中古はクレジット払いしか出来ないが新品ならば現金払いが可能である。
手数料はかかるが、お急ぎ便では三日で到着する。

今の時代はスピード時代、タラタラしていたり対応が悪ければ客は怒ってソッポを向く。
実際別のブログで駿河屋の評判を見たらやはり悪かった。

コメント欄の中には「駿河屋に面接に行ったら本社の玄関は汚い、いつのものかわからないダンボール箱が山積み、建物自体がボロい」など貴重な意見が聞けた。

駿河屋はかっては佐川急便に配達を依頼していたが現在はゆうパックに配達を依頼している。
対応は丁寧だが、いかんせん遅い。

Amazonは日本国内ではクロネコヤマトヤマト運輸に配達を依頼している。
俺がいつも使うJoshinのネット通販も配達はクロネコヤマトである。
なぜJoshinから家電やプラモデルなどを買うのか⁉︎まあ、そりゃJoshin阪神タイガースのオフィシャルスポンサーだからである。

阪神ファンなら家電ネット通販も店に行くにもJoshinが当たり前である。
ヤマダ電機は行く気がしない。だだっ広い店内の割には店員が不足しているし、値段もそんなに安くないし、プラモデルはガンプラが殆どで不満だらけだし。

YAMADAで買うのはやめてJoshinの方がよほど良いし店員親切だし安い。
まあ、ヨドバシJoshinが買うのは得である。

あとはエディオンか、まあ、ベストはJoshinである。カードを発行したら失くさない限りは使えるし。(死ぬまで)特典も付いてくるしいつもいつも購買している。

入りにくい品物ならばAmazon、これが基本である。
仮面ライダーの話をしていたらいつしか錬金術アトリエシリーズや通販の話に逸れたなあ。
まあ、ご愛嬌ご愛嬌。仮面ライダーのDVDやブルーレイやおもちゃもAmazonで取り扱っているので宜しく‼︎