ハーレー博士

昨日の『仮面ライダードライブ』にハーレーダビッドソンにまたがったちょっとイかれ気味のハーレー博士が出演した。
演じたのは大月ウルフ

大月ウルフと言えばハーフであり、かなり古い時代から特撮に出演していた。

モノクロだった時代の『忍者部隊月光』
極度のマザコンで口癖が「ハイ、ママ」の『レインボーマン』(1972年)の怪人の電波人間エルバンダや、『大鉄人17』のハスラー教授などイかれた役が多い。

仮面ライダーシリーズにも『仮面ライダースーパー1』で主人公の沖一也(高杉俊介)を改造した恩師ヘンリー博士役で出演している。

最も、ヘンリー博士はドグマの悪の協力を拒否したために研究所ごと爆破されて殺害されるが。

仮面ライダーシリーズには35年ぶりの出演となる。

いいイかれた爺さんになってはいたが、協力者として現れた。
流石は怪優大月ウルフである。

最近はドライブよりもマッハがカッコ良く見えるな。
ハーレー博士もマッハに自分が開発したアイテムを渡しているし。

やはり昭和から活躍した俳優は役者が違うと思うなあ。
インパクトが強烈だったし。

しかし大月ウルフの実姉はあの耳の聞こえない(度重なる病気のため)ピアニストのフジ子・ヘミングというのは意外だった。二歳上の実姉で時折コンサートにも大月ウルフ自身が来ることがあるらしい。いつもというわけではないが。