燃える男よ永遠に

去る1月4日に元中日、阪神楽天で監督を務めた現東北楽天ゴールデンイーグルス副会長の星野仙一氏が亡くなった、享年70歳

 

昨年より体調がすぐれず、膵臓ガンとの闘病中で、2日に食事中容体が悪化し2日後逝去した

日本プロ野球はまた巨大な星を失った

 

打倒巨人を掲げて闘志を燃やした中日ドラゴンズの現役投手時代、通算146勝を挙げて82年に現役引退、四年の充電期間を得て中日監督に就任

 

いきなり体質改善に乗り出し1対3の大型トレードでロッテから落合博満を獲得し主軸に据える

翌年に優勝、その後91年で一旦は監督を退き96年から又復帰、翌年ナゴヤドームに移転したためにそれまでの戦い方から変更をしなければいけなかったが間に合わず最下位に転落

 

翌年は阪神とのトレードで関川浩一久慈照嘉韓国プロ野球から李鍾範を獲得、(阪神には大豊泰昭矢野輝弘を放出)守りの野球にシフトチェンジし二位に押し上げ、翌年99年に優勝

 

その後も守りの野球を徹底し、01年に去りライバルチームの阪神タイガースの監督に迎えられる

 

ここでも意識改革を選手に促し一年目は四位も翌年18年間も優勝から遠ざかっていた阪神を優勝に導く、しかし心労や体調は並大抵ではなく後進を岡田彰布に譲り球団のSDに就任、意欲的に動くも現場への未練が断ち難く、10年に退団後東北楽天ゴールデンイーグルスの監督に就任

 

就任一年目から東北東日本大震災に遭うも、チームを鼓舞し、三年目の13年に優勝、そして、巨人との日本シリーズで中日でも阪神でもなし得なかった日本一に輝く

 

14年からは楽天のSA、後に副会長に就任し、亡くなるまでその職にあった

 

昨年に球界殿堂入りを果たし、まだまだこれからの活躍を期待されていた

 

しかし星野仙一氏は中日監督時代からあちこちの持病との闘いであり、阪神監督時代はあまりにも血圧が上がり過ぎてヤバくなったこともある

 

楽天監督を退いたのもあちこちに疾患を抱えていたからである

 

その後も疾患との闘いが続く中膵臓ガンにも疾患してしまったのだろう、まさに全速力で闘志をむき出しにし、「困ったら前に出ろ!」と言う言葉通りの生き様だった

 

非情な反面温かさを持ち合わせていた故に在籍した中日や、阪神楽天の選手に慕われ、ライバルチームである巨人監督だった原辰徳にも『恩人です』と言わしめたくらいの唯一の人であった

 

現役時代はさしてスピードはなかったものの攻めの投球を見せて活躍、監督になれば厳しさを前面に出す反面、気配りも忘れなかった

 

まさに闘志そのもので生きた現役時代と監督時代であった

 

葬儀は近しい人だけでやるというので密やかに行い敢えてお別れ会をやるのだろう

 

人望が厚かっただけに様々な人がその逝去を悲しんだ

 

しかし、悲しんでばかりはいられない、前に出なければならない

 

生前星野仙一氏が教えてくれた「困った時には前に出ろ!」と言う遺訓を胸に抱き、前に進まなければならない

 

最後にこう言い残したい「夢をありがとう、今は安らかに眠って下さい!」

 

さよならは言わない、いつだって野球がある限り星野仙一さんは心に生き続けるからである

 

 

 

 

新たなる年

半年間は忸怩たる思いで過ごし後の半年間はまずまずで終わった2017年も過ぎ2018年である

 

昨年ダメだったところは水に流し先に行きたい

昨年のゴタゴタを引きずってはいけない

結局個人の力は知れていて国家を動かせる力は持ち合わせていないからだ

 

そんなどうだっていいことは置いておいて如何に今年はどんな年にしたいかに比重がかかっている

 

敢えて語るのは個人的な思いであり今回は趣味などについては触れない

気が向いた時に書くからその時でいい

 

馬鹿げたクラスタから逃れられたのは良かった

あんなところに居たらやりたいことすら支障が出てバカに付き合わされるは、納得行かないことにすら肯定しなければならないなど不自由なことだらけである

 

最早愚かしいクラスタとは永遠に訣別だ、もう親しい人二人もいないTwitterには興味はない

 

だから昨年途中からものは試しでFacebookへと移籍したわけである

Twitterのフォロワにも両刀使いがいたが、ロクな噂を聞かないために退いていたが飛び込めば意外と居心地が良かった

 

やってみないとわからないものだ、考え方も近い人が多数いて、納得行かない意見に肯定することなどしなくて良くなった

 

結局は自分に合った場所が一番なんだなぁとつくづく思った

Twitterにいたらこのブログすらまともに書けてなかったと思う

 

結局Twitterには話を纏める頭がない連中が殆どで、結局は仮面罵倒会である

本質は2ちゃんねるやなんJスタジアムの延長上でしかない

 

聞きたくもない話をされても面食らうだけ、ユーモア性欠如のクラスタに居ても仕方がない

もう親しい人も去ってしまった

 

様々な事情はあれど、まあ嫌気がさしたんだろうな、事情の詳細は不明なのだが

クラスタは泥みたいに固まりグダグダとくだらないことや結論が出ない理論や偏った考えに固執しすぎている

 

我慢はして来たのだがあまりに低脳が多過ぎて限界が来てしまった

インテリを気取っても低脳は誤魔化せない

 

様々なことに目を通し、膨大な情報から持論で様々なことを考えるべきではないか?

偏った考えを押し付けるのはファッショである

 

今は自由だからもう関係も何もない、未練などない、人の考えは一つではない、違うから人間なのではないか?

 

まあ、今年はそんな柵からも抜け出せたし自由にものが言える環境にある

やはり自分の道は自分で選ばないといけない

 

まあ、経験にはなったが、決めつけてやろうともしない食わず嫌いよりはマシだ

 

一回やってみて合う合わないを経験しないと狭い世界に留まったままである

 

今年はそんな一つのことにとどまらず色々とやって行きたい

まあ、よろしくなんだぜ

 

最後に霧雨魔理沙風に締めくくった

ゆっくり茶番にて

ゆっくり茶番にて洋ゲーをやっている霧雨魔理沙博麗霊夢が和ゲーを持ってきたUP主をバカにしていた

 

魔理沙「大体そんなストーリーのわかりきった一本道のゲームなんて私は興味ないのぜ、今はYouTubeの実況プレイで私はぜんぶそのゲームの内容を知ってるのぜ」

 

霊夢「そういう私も魔理沙に影響されて洋ゲーにハマっているからそういうゲームはもう時代遅れだと思うの」

 

と、UP主が持ってきたファイナルファンタジーが元になったゲームをけちょんけちょんにバカにしまくっていた

 

UP主「そんな、それならこのゲームを作っている会社は潰れてしまうじゃないか!」

 

魔理沙「まあ、そういうゲームを作り続けていたらそうなるのは仕方ないだろうな、自由度が低くストーリーも一本道でただのレベル上げのゲームに私はもう興味ないのぜ、まあお前はYouTubeやニコ動を見ないからわからないだろうけどなw」

 

と、言い過ぎじゃないかと言うくらいにUP主を愚弄した発言をしていずれは日本のゲームメーカーは自滅の道をいくと言っている

 

確かにスクエニなどのゲームを見ていると手詰まり感があり魔理沙の言った通りストーリーはお仕着せ、登場人物の名前は変えられない、ただレベル上げの作業みたいな和ゲーは段々と衰退と言う発言は間違ってはいない

 

魔理沙「私は興を削がれたから今日はこれで引き上げるのぜ」

と何故か霊夢のテレビを持って行ってしまった

 

なに人のもの盗んでるんだよ魔理沙

 

すっかり洋ゲーの虜になり和ゲーを完全にバカにしきって興味すらないとまで言い切る魔理沙(このゆっくりの魔理沙ね)にはUP主ならずともかなりムカついたが、事実だから仕方ない

 

かく言う俺もファイナルファンタジー15の内容はやらずとも知っている、報われない結末も

魔理沙もその動画を見たのだろう、俺はブログで知ってしまい別にやらなくていいかと思ったくらいだ

 

確かに和ゲーはストーリーは安定してはいるが、魔理沙の言う通り自由度が低くストーリーも一本道で登場人物の名前は変えられないなど途中からレベル上げの作業みたいな感じになりワクワク感に欠ける

 

まだボイスを出すファイナルファンタジーシリーズはましだがドラゴンクエストシリーズは、未だに主人公が一言も喋らないしボイスすらない、UP主はファイナルファンタジーを基にしたゲームを持って来たがドラクエを基にしたゲームを持って来たとしてもあっさり魔理沙に返り討ちに遭っていただろう

 

「そんなゲームは時代遅れなんだぜ」と、確かにドラクエファイナルファンタジーよりも時代遅れ感ハンパない

 

指輪物語ウィザードリィなどの延長上の世界観しかなく、ストーリーも一本道でネタがわかると面白くもなんともないからだ

 

洋ゲーは難易度は高いが、その分自由度が高く、先が読めない、ストーリーも多岐にわたり分岐している

 

間違えるとBADになったり結末が変わってしまったりと全く予想がつかない

 

二人がやっていたのは見た目アクションゲームっぽかったが、マイクラとかも洋ゲーである

マイクラもストーリーが用意されているわけでなく、予想すら不可能で、ものづくりだけでなく敵も襲いかかると言うシミュレーションとRPGを足したようなゲームである

 

まあ、魔理沙霊夢もマイクラみたいな自由度が高く予想不可能で単なるものづくりだけでなく油断していたら敵まで襲来すると言うゲームにハマっているために予定調和的内容の和ゲーには全く見向きもしないのだろう

 

結局UP主は霊夢が「あんたスマホ持ってる?Siriに聞いてみたら?」とアドバイスをくれる

 

なんと親切な霊夢、バカにするだけバカにして勝手に人のものを持ち去った魔理沙とは違う

 

まあ原作の『東方project』でも霊夢は敵を作らない性格で魔理沙は魔女らしい意地悪で借りたものを返さないと言う性格であるから間違いではない

 

ゆっくり茶番作っている人も考えているなぁ、そのキャラの特性や個性を知り尽くしている

 

UP主はスマホに早速Siriを設定し、洋ゲーに勝てる和ゲーはないかと聞くとやや無礼なSiriは「ありません」と言う

 

これでは魔理沙をギャフンと言わせられない、かってはツクール系ゲームもあるにはあったが今は下火と言うか、ない

 

Siriは「それではあなたが作ればいいんじゃないですか?」

 

UP主「そういえば僕は昔ツクール系のゲームで中二病ゲームを作ったことあるけど」

 

Siri「なんと!あなたはゲームを作った経験があるのですか?ならば作りましょう!」

 

それでUP主が全く新しいオリジナルなゲームを作ろうとしたところで続くとなっている

 

確かに今は環境さえ整えば誰にでもゲームは作成出来る、しかし、生半可なゲームを作って持ち込んだだけでは洋ゲー中毒で和ゲーをバカにしきった魔理沙をギャフンと言わせられない

 

こうなれば絵柄リアルで自由度も高く、先の予想すら出来ず、ストーリーも多岐に分かれて生半可なことではクリアすらおぼつかないものを作るしかない

 

まあ、昔ビートたけしが作った『たけしの挑戦状』のように普通にやっていたら最初の面から進む事すら出来ず、少しでも間違えたらゲームオーバーになるとか言う難易度すらアバウトなものを思いつくしかない、さらにマルチエンディングやBADなどのエンディングもランダムに制作しないといけない

 

ゲームとはやる方は攻略法を見つけたらコツはつかめるが、作る方はその倍かかると言うものである

 

昔ならともかく今はYouTubeやニコ動で実況されている時代、いや下手したらブログにネタバレ書かれている時代にお仕着せみたいな内容の和ゲーがバカにされるのはいた仕方ないのかも知れない

 

ゆっくり茶番では他にゲーム実況を解説するのもあるが、青鬼シリーズにヒカキンが出てきたのには笑った(あとでヒカキン本人がやって怖いとか言ってたし)

 

「ブンブン!」と言って機敏に襲いかかってくる、ついにゲームにまでなってたかヒカキン(多分これはエディット機能)

 

まあ、ゆっくりは解説にも使われ大概東方projectのキャラが使われているが、しくじり企業(今は潰れてしまった会社)を解説している動画にも霊夢魔理沙は使われているがあれは解説なので仮の姿を借りているだけであまり原作とは関係がない(キャラの特性は生かしてはいる、魔理沙の一人称が時々俺となる)

 

しくじり企業のUP主はこのブログに登録しているので知ってはいる

 

動画で扱った企業で紹介しきれなかったところをブログで補完していたり、ゲームやサッカーの話題などにも触れている  

 

ゆっくり茶番、ゆっくり実況は多数のUP主がいて、それぞれに個性があり内容も違う、おバカに徹したものもあればストーリー性が高い動画を上げていたりなど使い方は多岐にわたる

 

確かに魔理沙のセリフを借りるわけではないが日本のゲーム会社は手詰まりの会社もある

スクエニなんてその法則で言えば先ではしくじる、今はYouTubeやニコ動で内容バレするし話が一本道なのはいくらグラフィックをリアルにしようが結局は飽きられてしまう

 

だからと言って洋ゲーも安泰と言うわけではない、こちらも動画で攻略法が分かれば大概はわかってしまうから面白味に欠ける

 

まあ、俺は洋ゲーは殆どやったことはなく、最近は和ゲーも大概のものは飽きている、魔理沙じゃないがストーリーが分かりきったものには興味がない

 

ならばものづくりをしながら展開が変わる作品とかやった方が良いのではないか?

 

先の展開全く見えずやらなきゃわからない的なゲームに特化しない限り和ゲーの未来はない

 

最近はスマホのアプリゲームでも攻略法がYouTubeでバレてしまう時代、バレにくくするにはとりあえずは舞台と人物を用意し後は任せる的にしてやっていく内に変化し全く先の展開がわからないと言うのを作るしかない

 

もちろんYouTubeに載せてもさっぱり攻略法がわからないと言うのがいい

 

生き残るのは柔軟姿勢を持った会社や任天堂のように自作タレントが豊富な会社が自作キャラを使いながら自由度が高く予想すら不可能なものを作るしかない

 

こうなるとゆくゆくはスクエニコーエーテクモのような会社は詰んでいくだろうな

 

お仕着せRPGしか作らないスクエニ、なんでも無双にしてしまうコーエーテクモはカラクリがバレたらかなりやばい

 

まだコーエーテクモは得手分野(本社)と不得手分野(長野、旧ガスト)を分けているから生き残りの可能性はある

 

しかし最近は名前すら聞かないコナミとかはマジにヤバいのではないか?

 

あのゆっくり動画はやがてはスクエニみたいな会社は潰れてしまうと言うのを東方キャラを使って遠回しに予言したと言うことになる

 

しかし洋ゲーと言うのがどうも苦手な人から見たら論議の分かれるところだが、ストーリーが一本道で自由度が低いとそう言われても仕方がないとは言える

 

でも安定の話を好む人もいて、その辺りで好き嫌いが分かれて行くのだと思う

 

YouTubeやニコ動も無料でそれを見れてしまうのは問題だよな、最近はブログでもネタバレする時代だしインターネットやモバイルの進化も考えものだ

 

ゆっくり動画は俺はおバカか実況とかは面白いし好みである、実はしくじり企業のファンである

 

最近はSNSにもヤバいのがあるんじゃないか?

あのガチャでボロ儲けしてスタッフがみんな独立し、スマホのアプリゲームに行って会員数が減りつつあるあの会社がヤバいんじゃないのか?

 

まあ、来年もゆっくり茶番やゆっくり実況とかも書いて行くからよろしくだぜ(アイコンらしいことを言ってみた)

f:id:franky202:20171223034232j:image

 ちなみにゆっくり茶番や実況で使われる東方キャラでデザイン的に好きなのはこの絵柄

別の丸っこいのもあるがデザイン的にはこちらが好みである(顔だけで使える利便性がある) 

 

第六の助っ人

阪神タイガース待望の助っ人、前ハンファ・イーグルスのウィリン・ロサリオ(28)内野手、右・右の実力はYouTubeなどでチェック済みである

 

速い球に強く左投手に強い、日本は緩急や左右の揺さぶりをかけてくることが予想されるが、ロサリオには頼もしいパートナーがいる

 

異母兄にあたるモイセス・ファビアン氏である

母親は違うが兄弟である

マチュア指導者の資格と経験を持ち、ロサリオが韓国で2年プレーした時にも同伴し、チェックを入れたりしている

 

それだけではなく自ら手料理も得意で生活面でもロサリオの支えになっている

だから異国の地韓国で活躍出来たのだ

 

勿論日本にも同伴することを契約事項に盛り込み済みである

 

マチュア指導歴があり、良い所も悪い所もチェックしてくれるなら有難い

日本では言葉の違いなどで中々伝わりにくいからである

 

打撃コーチは相手投手の攻略法を考えて指示するのが仕事であり、打撃を教えているわけではない

 

専属トレーナー兼マネージャーのファビアン氏がいる限りロサリオが日本に来て迷う事はない

傾向と対策はきちんとメモするだろうし

 

まさにファビアン氏こそ阪神第六の助っ人ではなかろうか?

 

個人的マネジメントまでは球団は保障はしないし身近な人が居れば野球だけにロサリオは専念できる

 

もうLINEでマテオやドリスとフレンドになっており、情報交換もやりやすくなっている

 

これでベンチにスペイン語が出来る山崎憲晴が居れば意志の疎通が日本人とでもはかれる

今回は元オリックスなどでプレーしたホセ・フェルナンデス氏も協力している

 

まさに隼の如くロサリオと契約にこぎ着け、あの魔の球団読売オジング公国(読売ジャイアンツ)の魔の手から免れさせた

 

まあ、読売オジングは中日と交渉が決裂したアレックス・ゲレーロと契約した

 

確かにゲレーロは今年ホームラン王にはなったが良い所でのホームランは少なく35本中22本がソロホームランである

 

得点圏打率も258と高くなく、打点も少ない、しかも性格に難があり、今年は中日の監督の森繁和が何とかゲレーロを手懐けていた

 

しかしすぐに感情が表に出る荒くれた面が直るわけではなく、オジング公国に行ったところで散々滅茶苦茶な事をして周りに迷惑をかけまくるのが目に見えている

 

最初は猫被って大人しくしているだろうがやがては化けの皮が剥がれて荒くれ者の正体を現し監督高橋由伸やヘッドコーチの村田真一の言う事など聞かなくなるだろう

 

外国人は読売オジングにもいるにはいるが、ケーシー・マギーは白人だし、キューバ人のゲレーロとはソリが合わないと思う、況してやゲレーロはプライドだけはめちゃくちゃ高い

 

ロサリオのようにマネジメントしてくれてサポートするファビアン氏のような心許せる人すら居らずやがては孤立する可能性もある

 

中日があまりゲレーロ固執しなかったのはそういう面を見ていたからだ

同じキューバ人のダヤン・ビシエドとは犬猿の仲だったらしい

 

真面目なビシエド、荒くれ者のゲレーロ、合うわけがない

 

ソフトバンクも調査はしたが、アルフレッド ・デスパイネが「あいつだけは嫌だ!」と言ったために退いている

 

まあ、ゲレーロはアメリカのメジャー時代に耳を噛みちぎられた程のトラブルを起こしているそんなことまでされるとは性格に問題あるに違いない

 

そんな暴れ牛みたいなゲレーロを読売オジングのお坊ちゃん監督高橋由伸やアホコーチの村田真一が操れるわけがない、間違えたら手を噛みちぎられる猛犬みたいなゲレーロを手懐けるには余程ドスを効かせないといけない

 

まあ、実力はあるが問題ある奴獲得するなよたった一年の実績だけで判断して安易に雇うなんて、性格のチェックをしろよ

 

まあ、金で何とか優勝したい読売オジング公国の低脳は置いといて、ここ2年助っ人が助っ人の仕事をしなかった阪神からみたらロサリオは2年越しの恋人だったわけだし、更に強力な味方すらいるわけだし期待したい

 

性格も真面目でウインターリーグに23日まで参加予定も怪我を心配した球団の要望で16日で切り上げてくれたし、四番一塁は任せた!

f:id:franky202:20171217064236j:image

  

 

マイナーチェンジ

ブログの見た目をマイナーチェンジしてみた

今までは顔なしで素っ気ない見出しを自撮りの写真と引用キャラで変えてみた

 

背景を旧堺灯台とし、顔アイコンは『東方project』の霧雨魔理沙にした

今まで顔なしだったので味気ないかなあと思って変えただけで中身は全く変わってないのでマイナーチェンジである

 

俺は『東方project』はキャラものであるとは知っているだけで詳しくはないし、多少のキャラしか知らない

 

でも『東方project』と言えば博麗霊夢霧雨魔理沙が主人公格なので引用したまでだ

 

魔理沙風に言うと「少し変えただけなのぜ、深い意味はないんだぜ」と言う感じか

ゆっくり動画でよく使われていてお馴染みなのもある

 

YouTubeなどで見かける東方キャラは顔だけで饅頭みたいだが、使い勝手がいいのてUP主が様々な用途で用いている

 

ゆっくり茶番、マイクラ、ゲーム実況、他様々まあ、見慣れたと言うのもあるが愛着もあるために用いただけで深い意味はない

 

だからこのブログでは東方projectについては詳しくないので敢えて触れない

 

まあ、心機一転、気分転換で変えているだけなので深い意味はない

 

そう言えば阪神タイガースの長打力不足を補うべく前ハンファイーグルスのウィリン・ロサリオと2年契約八億で契約し入団に漕ぎ着けた、背番号はメジャー時代から馴染みがある20、自身が私淑するホルヘ・ポサダと同じ背番号を選んだ

 

YouTubeでチェック済みで広角に長打やホームランを打ち分ける能力はある

 

まさに破壊力不足に泣き苦汁を舐めさせられ続けていた阪神タイガースからすれば待望の大砲である

 

八億の大金を積んだだけに期待度は高い、本人も真面目に取り組むタイプで期待できる

 

大和の横浜DeNA移籍により、人的補償として尾仲祐哉投手(22)を獲得、尾仲は入団1年目で何故かプロテクト漏れしていたらしい

 

事前に阪神が分かっていてリストを見てすぐに決めたと言うからマークしていたのだろう

 

小気味好いテンポがいい投球をするだけに中継ぎとして期待する

 

マイナーチェンジ後初の記事として扱ってみた

今年を振り返る

まだ早いが今年を振り返るとなんかいまいちの年だった気がする

個人的に不満のたまる年であり、他の事でもTwitterの愚かな学ばない考えの古い阪神クラスタについていくのに疲れて六月で別れを告げ、Facebookに移籍した

 

いつも転機が六月に来る、何故かはわからないが

 

出会いや別れはあったものの色々なお方との出会いや繋がりも出来た

 

まあ、創作活動はまあまあのスピードでやっている

 

気が向いた時に書いている、しかし以前のように支障を来す事はないので気楽ではある

 

話題は何もTwitterが最新ではない、様々なニュースソースはあちこちにある

 

わからなければYouTubeで詳しい映像が見れる便利な時代だ今は

 

新聞などではわからないこともあるからな

テレビは嘘で塗り固められているし

 

そんなことは一目瞭然で今更言うことではないが、最早テレビは死んでしまった

情報源にすらならない、昔はその手の話題はテレビが担っていたが今はモバイルのニュースである

 

話題ならYouTubeとかの動画サイトである

下手な芸なし芸人の話よりもYouTuberの映像が余程話題になる

 

最近みんなそうだと思う、ゆっくり茶番もあるし、まあゆっくり茶番は東方projectのキャラが多い

 

博麗霊夢霧雨魔理沙が一応主人公だが他にも魂魄妖夢や魅力的なキャラが多数登場する

 

使い方によるんだな、東方projectのキャラはUP主によりかなり変わるからボーカロイドと似ているかも知れない

 

カラオケで東方キャラがボカロ曲を歌っていたのは笑えた

 

まあ、使い方だ使い方、色々見ることにより様々なものを得るかもしれない

 

下手なアニメより面白いと最近思うのは気のせいか?

 

漫画も衰退したからな、なんかカタルシスを感じられないんだよな最近の漫画は、手塚治虫氏(1928-1989)が危惧していたことが起きてしまった

 

グダグダで長い割にはオチがない、なんだよこれ的な話が多い、きちんとアイデアやそれを生かすストーリー作りを勉強してないだろ?

 

作画技術は昔よりはレベルは上がったが、内容はレベルが下がったと言える

 

これでは娯楽とは言えない、そんな漫画から最近ドラマ化が進むのはオリジナルでドラマを作れるストーリーテラーが今はいないと言う証拠である

 

昔はたくさんいたのに今はオリジナルでと言うのが全く見当たらない、いや、皆無だ

 

結局大映テレビドラマはなんの遺産すら残さなかったのか、大河ドラマですらちょっと扱っただけでドラマ化するしネタ尽きてるのかと?

 

来年は林真理子原作の『西郷どん』だが、主演が『変態仮面』で有名な鈴木亮平、BL要素って腐女子狙いか?

 

「アッーーー!」な世界ならとんでもないが、アニメでも魔夜峰央の『パタリロ!』がそんな要素があった

 

再来年はオリンピックをモチーフにした大河ドラマらしいが大正時代から昭和にかけて描く予定らしい

 

架空人物を絡めながらも女子マラソンランナーの先駆けの人見絹代や、水泳の前畑秀子馬術バロン西こと西竹一中尉の話も書いて欲しい

 

不幸な戦争を経てやっと日本に東京オリンピックを招聘出来るまでの苦労を描くのだろう、やっとオリジナルかと思う

 

大相撲問題はもう書きたくない、今の大相撲はモンゴル力士に占領された国技の名を借りた異種格闘技に見える、柔道や空手が辿った道だ

 

JRAも外国人騎手がGⅠや重賞を殆ど掻っ攫う様でどこの競馬だか分からなくなった

 

近いうちに外国人騎手がかなり増えてリーディングの殆ど10人外国人騎手が独占と言う時代が来るかもしれない

 

エロサイトのDMMが来年からDMMバヌーシーを始めるらしいが、一口1万円からは高いし、クラブオーナーは儲かり難い

 

様々な思惑があり思う通りにならないと思う

軌道に乗るまでが大変である

 

勝ちたいからと外国人騎手を乗せまくるだろうが、調教師によるとも言える

 

最初はいい調教師は預かってはくれず殆ど大した成績を収めていない調教師しか預かってはくれない

 

みんなそんなところからスタートするのだ、ゲームみたいに上手く行くとは思うな!

 

いずれにせよ来年は今年よりはもっとレベルアップした年にしたい

 

 

 

 

様々な出会いと別れ

結局阪神をFAになった大和(前田大和)は横浜DeNAに移籍することになった

 

新しい新天地を求めてだろう、内野外野と器用にこなし守備だけなら球界一と言える鉄壁の守りを誇っていて、今年からスイッチヒッターになり280と言う今迄のキャリアハイの成績を残した

 

しかし、器用法に不満があったのかもしれないし、クライマックス1ステージで代打を出されたのがやはり著しく大和を傷つけたのではないかと思う

 

真相は詳しくは知らない、まあ出て行った先で勝手にやってくれとしか言えない

 

こんなこともあろうかと横浜DeNA自由契約になり合同トライアウトに参加した山崎憲晴を獲得した

 

本人二年間は膝の故障などに泣き、若手優先起用もあり構想外になった

 

しかし野球の情熱は諦めきれずズムスタでの合同トライアウトに参加し二安打を放った

自慢の守備もソツなくこなした、控えでならば小細工は上手い、守備は内野は全部守れて捕手すらしたこともある

 

本人のコメントは「一度死んだ身ですから話が来た時は非常に嬉しかった、数字で結果を出して貢献します」と抱負を述べた

 

ベンチでも率先して声を出し、スペイン語までマスターしているためにスペイン語圏の外国人がいる阪神にうってつけの存在である

 

マテオ、ドリスはドミニカ出身で公用語スペイン語であるのもある

 

後はハンファ・イーグルスのウェイン・ロザリオを獲得出来れば良い、ロザリオもドミニカ出身である、コミュニケーションははかれるのではないか?

 

まあ、第二候補はダイヤモンドバックスのマイナー所属のオズワルド・アルシアで、アルシアもベネズエラだけにスペイン語圏である

 

去る者は追わず、来るものを迎えればいい

 

個人的にはFacebookを始めてからは様々な出会いも別れもあるがTwitterにいた頃よりは充実している

 

YouTube繋がりでも動画を上げている『INFOインフォメーション』のスタジオエクスプレスさんと親しくコメントで話しているしこちらでもブログを書いているカカチャンネルさんの『しくじり企業』は毎回チェックしていてコメントも書いている

 

ライブ中継にもチャットで三回くらい書いたことを紹介してもらえた

 

それが何かは詳しくは敢えては書かない、しかし好感は持てた

 

後はYouTuberでは木下ゆうかのライブでひたすらもつ鍋食べる画像でもチャットで三回も書いたことを扱ってもらえて印象が好印象になった

 

HIKAKINの時は一度だけだっただけに余計にそう感じた、まあ、HIKAKINは名前が一番売れていてチャットの数もかなり多いのはわかるが一度だけとはあんまりでないか?

 

まあ、あまり言うと私怨になるので程々とするにして、まあ色々とやっていてYouTubeも他のゆっくり動画を見ている

 

東方projectのキャラを使ったものでもUP主次第でかなり変わる、ゲーム実況主体もいれば、ゆっくり茶番主体のUP主もいる、退屈はしない

 

小説もモバスペクリエイターズで執筆しておりまあ、色々書いている

 

これからは好きなことを思うままに書いて行くまだ描いていない物語もあるからだ

 

Amebaのowndも始めた、簡単お手軽HPと書いてあるがリンク可能ブログ強化版と言うところでInstagramの画像などとリンク出来る

 

勿論写真や画像付きの記事をFacebookAmebaの両方にリンクしている

 

他の機能ではTwitterともリンク出来るようだがもう辞めたからいい

 

阪神クラスタの馬鹿さ加減に愛想が尽きて辞めたのだし、心許した友も既に去りいない

 

やる意味のないものをやる必要性はない、創作に支障来たしてしまうと本末転倒になるからだ

 

暇人、オタクだけやってろ、クラスタはみんな口悪いし毒ばかり吐いてるし、やってることが2ちゃんやなんJと変わらないならばやる必要性はない

 

だから昔仲間が復活を期待しても二度とやらない、もう時代遅れの考えに従うのにはほとほと愛想が尽きたからである

 

金積まれてもやらない、仮面罵倒会には二度と参加したくない、それだけだ!