読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見る番組がニチアサしかない件

エンターテイメント アニメ 特撮 テレビ

最近はつまらない糞バラエティ番組が増えて全くテレビを見る機会がない。

 

ゴールデンタイムにアニメは駆逐され今や深夜枠移行である。

 

特撮に至っては戦隊ものや仮面ライダーシリーズを放映するテレビ朝日しかない。テレ東も、ウルトラマンをやっているがイマイチ盛り上がりに欠ける。

 

ゴールデンタイムにアニメは予算がかかるということだが下らない芸人の騒ぎ場になっているつまらない糞バラエティ番組やるならアニメとかドラマがマシだ。

 

ドラマも本当につまらなくなった。大映テレビドラマのような息つく暇ないドキドキがあり、大仰に泣けるドラマなんて皆無だ。

 

刑事ドラマも減った、昔は体張ってやっていたものだが今は規制がかかり過ぎ面白くない。

 

大河ドラマは死んだ、最早俳優学芸会レベル。

『おんな城主直虎』は数回見てダメだこりゃだった。まあ、フィリップじゃない菅田将暉井伊直政が出るまで待つか。

 

井伊直政は自分にも他人にも厳しい人で別名が人斬り兵部、家臣に「さあ、お前の罪を数えろ!」と言ったかは定かではないが。

 

スポーツ(プロ野球高校野球、大相撲)を除けば見るものが殆どない。

 

ニチアサはかろうじて見れる。『キュウレンジャー』は敵対していたスフィンガーが仲間になり漸く九人揃った。

 

スフィンガーは「兄貴をどこへやった⁉︎なぜ裏切った⁉︎」という理由もあり仲間になったが殆ど単独行動なので『鳥人戦隊ジェットマン』のブラックコンドル=結城凱(若松俊秀)のポジションか⁉︎

 

まあ、何とか九人揃ってタマタマキューキューである。赤はなんか熱血おバカでキレンジャー要素がある、カレー大食い。ゆえに渾名がハッピー、いつも前向きで深く考えないからだ。

それってプリアラの宇佐美いちか(cv美山加恋)に被ってるって…。

 

仮面ライダーエグゼイドも、宝条永夢もゲーム病だが壇黎斗もゲーム病だった。

 

元はと言えば黎斗が開発したゲームのユーザーが永夢であり、お便りまで送り黎斗がゲームのDVDを渡した。

 

そこから永夢はゲーム病になってしまった。しかし、黎斗は段々狂気に蝕まれ、究極の禁断のレベルXにまでガシャットをレベルアップするなんとゾンビのゲームだ。(バイオハザード…)

 

永夢はなんとか黎斗を救おうとするが、こいつは始末すべきだという花家大我=スナイプが、ゲンムを攻める、そして永夢もレベル99でダサいロボットみたいな形になり、ゲンムを倒すのだがまだ死んではいない。

 

黎斗の心は既に狂気に満ちており、救うのは困難なのだが、そこをパラド=パラドクスが始末し黎斗は消え去った、永夢の想いも虚しく。

 

これからはパラドが敵なのか、厄介なことだな

黎斗のゲンムよりも厄介な相手である。

 

キラキラ☆プリキュアアラモード』だが、漸く五人揃った。最初いちかは隣に引っ越して来た剣城あきら(cv森なな子)を男性と勘違いし恋してしまった。

 

まあ、しかしあの爽やかさはまるで南光太郎=仮面ライダーBLACKRXを思わせる爽やかさだった。

 

f:id:franky202:20170322101435j:image

どこのイケメンだよあきらさん。言動も凛々しいためにいちかは気付かなかった。

 

同じ高校に通うゆかりは知ってはいたがいちかに告げず面白がっていた。人が悪い…。

 

ひまりやあおいはいちかが作ったいぬチョコレートを見てあきらが「可愛い」と言ったときに気づいていた、君たち勘が鋭いな。

 

f:id:franky202:20170322101843j:image

まあ、これを見たら惚れてしまうじゃないか‼︎それに男女は関係なく。

 

いぬチョコレートの一つがコンパクトになり、あきらはキュアショコラに変身し、鮮やかに敵を倒す。

 

そしてみんな集まりお茶会だが、なぜいちかはあきらが女性であったのをみんな隠していたかを問うのだが赤面ものの恥ずかしい話をされて顔が火照ってしまう。

 

そしてドーナツを作ろうとするがベーキングパウダーを入れ忘れてその出来具合いが硬いものになる。

 

いちかはミスに気づきなんともまあ、かっこ悪いことになった。

 

それを見てかってスイーツ工房をいちご山で開いていたことを長老(cv水島裕)が話し、例の1話のクリーム爆発により、仲間と離れ離れになり長老は悪い妖精の攻撃を傘で受け実体がなくなってしまう。

 

そのことを思い出したペコリン(cvかないみか)は途端に元気がなくなる。

 

いちかは落ち込んだペコリンを励ますべくわざと他の四人が帰ってしまったと言いペコリンを励ますためにドーナツ作りをする。

 

そして、いちかの「キラッとひらめいた」でドーナツがペコリンのデコレーションになる。

 

ペコリンも他のドーナツをかっての仲間の形にデコレーションし、二人でいちご山のスイーツ工房があったところに行き、ペコリンは仲間に話しかける。

 

しかし悪い妖精が現れドーナツのキラキラルを奪う。

 

これ以上奪われるわけにはいかないといちかはキュアホイップに変身し、戦うが苦戦する。

 

敵はキラキラルの力で強くなっているから敵わない。

そこに他の四人も駆けつけ、変身する。

 

何とか共同撃破し、とどめはホイップがつけ、敵は撃退した。

 

いちかはいつもの工房に戻りここに店を開けばかってのペコリンの仲間も来るのでは⁉︎と言って『キラキラパティスリー』を開くことを決意する。

 

次回は中々上手くいかない店の開店にみんなが気まずい雰囲気になり、そんな中客が来てしまいお茶会をやると言うとんでもない回になるのだが、まあ、プロセスを乗り越えキラキラパティスリーは何とかなって行くのだろうこれから多分。

 

ってことは『魔法つかいプリキュア!』最終回に朝日奈みらい、リコ、はーちゃんがキラキラパティスリーに来た時と言うのはこれ以降の話と言うことになるのだろうか⁉︎

 

あの時は褒められるほどに立派になっていた。それまでの苦労はこれからということなのか、まあ興味は尽きない。

 

まあ、今はテレビは見るものが限られてしまうみんな面白くないから。

 

深夜アニメもこれというのがない、まああまり見るものではないが。 

 

 

 

いよいよお姉さんの登場ですよ

アニメ エンターテイメント 特撮

ニチアサは面白くなって来た、『宇宙戦隊キュウレンジャー』は宇宙幕府に支配された地球を取り戻すために九人集まって宇宙幕府を打倒する話なのだがまだ九人揃ってないしまだ反目しあっている辺りリアルさも感じる。

 

恩師の仇だったりとかで最初は敵視するってあまり戦隊ものではなかったから。

まあ、『アストロ球団』も最初から九人揃っていた訳ではなかったから。

 

アストロ球団は九人揃ったところで読売巨人軍の陰謀によりプロ野球界を追放になり漸く九人揃ったのに試合相手がなくなったアストロ球団はオーナー兼監督のシュウロに『マサイ族の野球チームと試合する』と言う結末でアフリカに旅立つ最終回だった。

 

なんだそりゃとは思うが対戦相手がなければ野球は出来ない。

 

話をキュウレンジャーに戻すとEDが『タマタマキューキュー』と男にとって痛いEDである。

確かに九人戦隊だからそうだがタマタマキューキューは痛い、面白いけど。

 

仮面ライダーエグゼイドもつまらない展開からテコ入れがあったのか面白い展開になって来た

スナイプがレベル6のガシャットを手に入れるが外見が艦これ‼︎

 

艦これをライダーに適用するかあ⁉︎とは思ったが面白いから許す。

 

鏡飛彩ことブレイブがレベル6のガシャットを使いこなせなかったからだが。

 

一時は躊躇っていた永夢もエグゼイドに変身を決める。

 

しかし幻夢コーポレーションの壇黎斗こと仮面ライダーゲンムがレベルXのガシャットがあるとか言ったがレベルXは「何が起こるかわからない」ってドラクエの禁断呪文パルプンテみたいだな。

 

良く転べば良い結果に、悪い目が出たら悪い結果にもなると言うことじゃないか。

 

まさか展開で読めなくなってきた。

 

キラキラ☆プリキュアアラモード』だが、今の所宇佐美いちか(cv美山加恋)=キュアホイップ、有栖川ひまり(cv福原遥)=キュアカスタード、立神あおい(cv村中知)=キュアジェラードまで揃い、最初は呼び方が他人行儀っぽかったが、シュークリームを作った(失敗の連続幾たびあり何とか最後成功)時に真の仲間になった。

 

いちかはひまりをひまちゃん、あおいをあおちゃん、ひまりはいちかをいちかさん、あおいをあおいさん、あおいはいちかとひまりを呼び捨てとみんなの息が合ってきた。

 

シュークリーム狙いの妖精を倒しバレリーナにスワンシュークリームを届けていちかが口癖の

「ホイップ!ステップ!ジャーンプ‼︎」とやった時に誰かが「フフフ…」と意味深に笑う。

 

それが琴爪ゆかり(cv藤田咲)だが、いちかは「今誰かに笑われたような⁉︎」と言う。

 

いよいよお姉さん戦士の一人になる琴爪ゆかりの登場である。f:id:franky202:20170305073353j:image

キュアマカロン登場回である。

 

何でもそつなくこなしゲームの名人でもあり、ファッションセンスにもこだわりがあるゆかりはまるで『黒猫のタンゴ』(唄皆川おさむ)の黒猫のように気まぐれな性格と言う設定だ。

 

まあ、マカロン自体も黒猫モチーフの感じだしまあイメージ通りか。

 

どんな話になるかはわからない、しかし退屈に思っていたゆかりが多少なりとも興味を持つとか言うことで手を貸すと言う感じなのか⁉︎

 

藤田咲初音ミクの声ベースの人だがこれまでにプリキュアのオーディションには二回落ちており、三度目でやっとであるがこういう形で登場とは本人も驚いていた。

 

キュウレンジャーもエグゼイドもプリアラも共通するのはギャグ要素とおバカ入るところだがまあ、重苦しいのは流行らないからなあ。

 

プリキュアセーラームーンを比べるのがいるが、時代が違い過ぎる、セーラームーンは四半世紀前から20年前だから比較対象にならないし概念も違う。

 

crystalは別として比較するのは野暮と言うものである。

 

セーラーウラヌス=冥野はるか(cv緒方恵美)と

セーラーネプチューン海王みちる(勝生真紗子)と較べているんだろうが非協力だったこの二人と琴爪ゆかり=キュアマカロンと剣城あきら

=キュアショコラを較べないで欲しい。

 

まだ1話で少し登場の剣城あきら=キュアショコラの声担当の森なな子は元宝塚の男役(冴輝ちはや)と言う名前で出ていた。

 

宝塚を2009年に退団後は本名に直し活躍中だが声優経験は本格的にはらまだない。

 

ましてやレギュラーはこれが初である。何となく『少女革命ウテナ』の天上ウテナ(cv川上とも子)に被る格好良さ。

 

川上とも子さんも生きていればプリキュアシリーズに出ていたと思う、形は違えど、早逝が惜しまれる声優だった。

 

ショコラを見て「ウテナだ‼︎」と直感した人も多いらしい。早く活躍が見たい。

 

 

始まった新しい伝説

アニメ エンターテイメント 特撮

いつものように『仮面ライダーエグゼイド』があり、ハンバーガーのバグスターのバガモンが実は幻夢コーポレーションの開発担当のゲームデザイナーから作られた存在で、バガモンのゲームはハンバーガーを作るゲームだった。

 

最近永夢は体調がすぐれず、ハンバーガー屋で休んでいたらバガモンが現れた。

 

多分にマクドナルドの宣伝だろうなあ、ハッピーセットにエグゼイドやプリキュアがある関係やらざるを得ない。

 

なぜか大我の横に女子高生がついているが、大我を「あたしの主治医」とか言って慕っている

厄介な患者抱えたな大我。

 

スナイプに変身してバガモンを撃とうとした時にややこしくも仮面ライダーパラドスが現れて永夢に「遊ぼうぜ」などと言う。

 

ややこしい自体になった永夢ことエグゼイドは

「やめろ!バガモンはそんなゲームじゃない‼︎」

と、ハンバーガーを作るゲームを始める。

 

なぜか⁉︎依頼者がバガモンは友達だから救ってほしいと依頼されたからだ。

 

本当はいい奴のバガモンはわざと鬼になり悪者ぶるが節分の鬼かよ。

 

とりあえずバガモンのゲームをやって万事解決かと思えば、何者かがバガモンを消してしまう

 

「何てことするんだ!バガモンはいい奴だったのに‼︎」

 

しかしここで永夢のゲーム病が悪化し、永夢は体調不良を訴える。

 

なんて後味悪い話なんだ、前回も後味悪かったがエグゼイドは物語の後味が悪いのが特徴とはいえ、なんか腑に落ちない。

 

そして、『キラキラ☆プリキュアアラモード』が始まるのだが、主人公の宇佐美いちか(cv美山加恋)はご機嫌、村医者の母が久しぶりに帰国するのでサプライズにイチゴのショートケーキを作ろうと張り切る。

 

材料の一つの卵を買って「ホイップ!ステップ!ジャーンプ!」とやった後にいちご山から爆発が起きてキラキラルが奪われ長老(cv水島裕)が消え、カバンとともにペコリン(cvかないみか)がぶっ飛ばされる始まりである。

 

クリーム爆発なために街にクリームが飛び散るのちに仲間になる予定の有栖川ひまり(cv福原遥)が「プリン」と言ったり立神あおい(cv村中知)が「アイスだ」琴爪ゆかり(cv藤田咲)が「あれ、マカロン」剣城あきら(cv森なな子)だけが室内で窓から「へえ、チョコだ」とそれぞれの好きなスイーツの姿を見る。

 

もちろんいちかもショートケーキを浮かべて、手を伸ばすが幻だから掴めるわけない。

 

鼻にクリームがついた時に「甘いにおい」って前作のモフルンの「甘いにおいがするモフ」にちょっと被るって、しかし爆発の際に「なに、ドッキリ⁉︎」と言ったり、卵をあわやダメにしそうになったために急いでキャッチとか、見所いっぱいである。

f:id:franky202:20170211094851j:image

その前触れの後にOP曲の『SHINE‼︎プリキュアアラモード』(唄、駒形友梨)が流れる。

世界観が分かるOPである。

 

流れた後にCMの後に一話が始まる。いちかが張り切ってショートケーキの土台であるスポンジケーキを焼くのであるが、実写が取り込まれている。

f:id:franky202:20170211095025j:image

その時に挿入歌が流れるが、美山加恋が歌う曲である。

 

いちかは仕込んでオーブンに入れるがなぜか膨らまない。

 

いちか「どうして膨らまないの〜⁉︎」と言った後に空手の稽古が終わった父源一郎(cv津田健次郎)が現れ、「見事なクッキーだな」といちかの気を損ねる発言をしてしまい、「一応ケーキなんだけど」と膨れる。

f:id:franky202:20170211095610j:image

その後「そんな暇ないの!良いって言うまで入って来ないで‼︎」と父源一郎を締め出す。

 

源一郎「年頃の女の子の気持ちはわからないよ」と弟子共々言う。

 

その後もいちかはケーキ作りに励むが失敗続き、外ではスイーツからキラキラルを奪う悪の妖精ガミー(cvうえだゆうじ)が街からキラキラルを奪い取りケーキを真っ黒にしていく。

 

ペコリンは止めさせようとするがガミーにぶっ飛ばされる。

 

いちか「また膨らんでない!どうして膨らんでくれないの〜‼︎」となにが悪いのかと本を読んでいるとぶっ飛ばされたペコリンがいちかの顔面を直撃する。

f:id:franky202:20170211100214j:image

いちか「デュエッ‼︎」侘び寂びに満ちたいちかとペコリンとの出会い。

 

顔芸をやったプリキュアはこれまでに『ふたりはプリキュア』の美墨なぎさ(cv本名陽子)、『ハートキャッチプリキュア!』の花咲つぼみ(cv水樹奈々)『スマイルプリキュア!』の星空みゆき(cv福圓美里)がいるがその先輩に並ぶ顔芸披露をした。

 

なにが起こったかわからないいちかはペコリンを見て「耳の色が変わった!」とか「喋った‼︎」とかパニクりまくるがまあ、仕方ない。

 

それまで見たこともないからだしどんな事態かもわからないし。

 

ペコリン「お腹が空いたペコ」

いちか「お腹が空いてるの⁉︎」

 

いちかは冷蔵庫から何かを取り出そうとするが

ペコリンがスイーツがほしいと言うので、いちかは「失敗作なら…」と失敗したスポンジケーキをペコリンにあげる。

 

しかし失敗作食わせちゃいかんだろいちか!

 

ペコリン「美味しいクッキーでペコ」

いちか「スポンジケーキなんですけど膨らまなくてすみませんね」とまた顔がふくれっ面になる。ペコリンから見てもクッキーにしか見えないとは。

 

いちか「そんな暇ないんだった、早くケーキを!」とまたスポンジケーキを作ろうとするが明らかに力み過ぎなためにペコリンが「ダメペコ‼︎キラキラルが逃げるでペコ‼︎」と言う。

 

いちか「作ってる時だから邪魔しないで!」というがキラキラルの話を聞いて混ぜるのをやめて型に入れてオーブンで焼くと生地は膨らんでいく。

 

いちか「あっ!膨らんでいく、今迄は混ぜすぎてたんだね」と気づくが遅い、ペコリンが来なけりゃ失敗続きで材料が全部無駄になるところだったと突っ込まれても仕方ない。

 

オーブンで焼きあがる途中に電話がかかるが、今時ダイヤル式の黒電話って『サザエさん』じゃあるまいし。

 

勿論いちかはそれが母からの電話だと感じて受話器に出るがその顔が段々暗くなって行く。

 f:id:franky202:20170211110140j:image

いちか「お母さん、帰ってこられないんだって、帰る途中に急患が出て、仕方ないよね。」

 

張り合いを失くしたいちかはケーキが焼きあがったのに仕上げをしようとしない、ペコリンが催促してもやろうとしない。

 

そんなときに町中のキラキラルを奪い取り調子にのるガミーが窓から不法浸入する。

 

いちか「なにあれ、ペコリンの友達⁉︎」

ペコリン「違うでペコ!ガミーでペコ‼︎」

 

ガミー「キラキラルをよこしな‼︎」といちかの失敗作からキラキラルを奪い取り、更に仕上げ途中のケーキに目敏く目をつけ「それにはもっとキラキラルがあるようだなよこせ‼︎」と言ったためにペコリンは奪われてなるものかと持ち去って飛ぶ。

 

ペコリン「これはダメペコ!いちかの想いが詰まってるでペコ‼︎」

 

ガミー「あのガキ‼︎」とペコリンを追う。

 

いちかはペコリンを追いかけて苺坂自然公園に来た。

 

キラキラルを奪いパワーアップしたガミーがペコリンをまたもぶっ飛ばしケーキ諸共落ちるのをいちかは魂のヘッドスライディングでこれを阻止した。

 

いちか「ペコリン大丈夫⁉︎こんなケーキのために」

と顔中汚れてしまいながらもペコリンを気遣う

そして、ガミーにそのケーキを出したなら悪いことをしないか、危害を加えないかと聞くと、「いいぜ!」と言ったために差しだそうとするペコリンの制止を無視して。

 

そんなときにいちかはかって母さとみ(cv山口由里子)とショートケーキを食べた幼い頃を思い出す「お母さんのケーキはどうして美味しいの⁉︎」

さとみ「それはいちかが好きと言うお母さんの想いが詰まっているからよ」

 

それを思い出したいちかは「どうでも、良くない!これは私がお母さんの想いを込めて作ったんだからあなたには渡せない‼︎」

 

激怒するガミー、そりゃ当たり前だ。一度はくれると言ったものをやれないと言ったら誰でも怒る。

 

しかしその時、不思議なことが起こった。(政宗一成風にって仮面ライダーBLACKRXかよ‼︎)

 

キラキラルに包まれたいちかとペコリン、不思議な現象だ。

 

ペコリン「ここでケーキを完成させるペコ」

いちか「ここで⁉︎」

ペコリン「そうペコ」

いちか「うん、やってみる」

 

いきなり失敗しそうになるいちか、ペコリンほ焦るがそこからいちかは挫けずにケーキを作る時に「キラッと閃いた!」で普通のショートケーキをうさぎ型に仕上げる。

 

いちか「出来上がり!」

ペコリン「うさぎのショートケーキペコ‼︎」

 

そのとき、不思議なことが起こった(こればっかり)

いちかの仕上げたショートケーキがコンパクトに変形したのだ、どんな理屈だよ。

 

ガミー「そのキラキラルを寄越せ‼︎」

いちか「このキラキラルは渡さない‼︎」

 

そして、変身が始まる!『キュアラモード!デコレーション‼︎』コンパクトにショートケーキをセットしいちかはキュアホイップに変身した

f:id:franky202:20170211104813j:image

「キュアホイップ!出来上がり‼︎」出来上がりって確かに変身したわけだからそうだが。

 

いきなり変身したためにいちかはびっくりする「あれ⁉︎これが私⁉︎」

 

ガミーの攻撃が始まる、ホイップはペコリンを抱いて飛び上がる。

 

しかし高く飛びすぎて「私が飛んでる!でも、うさぎって空飛べたっけ⁉︎」ペコリンが首を振ると「だよね〜」と落下するのだが、二人ともその顔が面白すぎる。ギャグ入れてどうする⁉︎

 

しかし足がかりをなんとか見つけて着地に成功

しかしガミーは攻撃の手を緩めない。

素早くグルグル動き回るガミー‼︎

 

そんな中、ホイップはぴょんぴょんと逃げまくりガミーの攻撃を躱す。

 

ガミー「うさぎみたいにぴょんぴょん逃げ回りやがって‼︎」

 

モチーフうさぎだから当たり前だろ…。

 

ホイップ「なんかいけそう!でもどうやって反撃するんだっけ⁉︎」

その時に腰に携帯したコンパクトが光る。

f:id:franky202:20170211110047j:image

ホイップ「これで反撃、混ぜすぎちゃいけないんだよね。」とクリーム攻撃を繰り出し、ガミーを封印して、見事にキラキラルを奪い返す。

 

萎んだガミーは「覚えてろ〜‼︎」と去る。

 

変身が解けたいちかは一体なにが起こったのかわからず、その時に木にぶら下がっていたカバンから長老が「見事だったジャバ!」と言ったためにペコリンは長老だとわかるがいちかは「カ、カバンが喋った〜‼︎」

 f:id:franky202:20170211110107j:image

 と、ここまでで第一話は終わる。

EDは10年前に『YESプリキュア5』でEDを歌い、四年前に『ドキドキ!プリキュア』の剣崎まこと=キュアソードの宮本佳那子が歌うEDの後に予告編が流れた後に、プリアラ1分クッキングが始まる。

 

作中に登場したうさぎ型のショートケーキを再現するのだが、全部実写である。

 

理研究家の福田淳子の監修が入っているためにリアルである。

 

今迄実写取り込むとかなかったために画期的ではないか⁉︎

 

まあ、この五人は個性はバラバラだがスイーツ好きと言う事では繋がっているんだし、中の人も実際スイーツ好きだし良いんじゃないかと思う。

 

エグゼイドが後味悪いだけにプリアラはそれを解消してくれる活躍に期待する。

 

 

 

サプライズ最終回

アニメ エンターテイメント スイーツ

f:id:franky202:20170201225022j:image

魔法つかいプリキュア!』は実質上は49話で物語は終了した。『終わりなき混沌』の原因であるデウスマストを宇宙の彼方に追いやり全ては終わった。

 

しかしそれは魔法界とナシマホウ界が別れるとき、つまり朝日奈みらい(cv高橋李依)とリコ(cv堀江由衣)が別れるときでもあった。

 

二人はお互いの再会を約束し、「キュアップラパパ!」とお互いに魔法をかけて別れた。

 

それから四年、みらいは大学生になり、思い出の樹の下で魔法をかけた、するとリコが現れた四年前の約束である再会を果たしたのだ。

f:id:franky202:20170201221624j:image

おまけにはーちゃん(cv早見沙織)も現れ、普通のぬいぐるみに戻ったモフルン(cv齋藤彩夏)がまた喋れるようになっていたが細かいことはこの際言わない。

f:id:franky202:20170201221649j:image

リコは魔法学校の教師になっていた。みらいは「リコ先生の授業を受けてみたいなあ」と言っていたが、魔法つかいで劣等生だったリコがそこまでに立派になっていたか。

 

 

みらいたち三人は思い出のスイーツであるイチゴメロンパンを食べながら当時を思い出すと言う後日談的な最終回であるが、はーちゃんが魔法をかけてみらいとリコを14歳に若返らせた。

 

はーちゃんは宇宙で祈り続けているらしい。それが何なのかはわからないが。

 

そして魔法学校で学んだ時のような気分に浸りながらイチゴメロンパンを食べようとしたのもつかの間、何者かがイチゴメロンパンや他のスイーツを吸い取りおまけにはーちゃんの杖まで吸い取ってしまったから大変‼︎

 

21話までの敵のドクロクシーの残滓から生まれたドクロムシーの仕業だ。

 

逃げるドクロムシーを追って三人は空間に飛び込むがそこは懐かしい魔法界‼︎

 

みらいは魔法界をなつかしがるも魔法学校も大変なことになっていた。

 

ドクロムシーのスイーツ独り占めは魔法学校や魔法商店街にも及び全てのスイーツが奪い取られた。

 

なぜこのようなことになったのかを校長先生(cv内田夕夜)と考えていたらリコの生徒になっていたバッディー(cv遊佐浩二)が「それはヤミーの仕業では⁉︎」と話す。

 

「ヤミーって闇⁉︎」とリコは頓珍漢な回答をするが、バッディーは「闇ではなくヤミー」

その意味をみらいは「なるほどヤミー、英語で美味しいって意味だね」と正解を言う。流石大学生。

 

「ドクロクシー様は甘いものが大好きでした。しかしある日虫歯になってしまいその虫歯はヤモー(cv高戸泰弘)が抜いたのですが、あのヤミーはその虫歯から派生したものではないかと」

 

バッディーはあのヤミーがスイーツを奪いまくる理由を話す。

 

とりあえずこのままではどうしようもない、三人はヤミーを追う。

 

やはり魔法界のあちこちで混乱が起きており、それを見たヤモーはヤモリの姿から元に戻る。

 

ヤミーにドクロクシーの姿を見て喜んだのだ。いつしか自分が抜いた虫歯だとは知らず。

 

ヤミーがあちこちに逃げ回るためにまた空間に投げ出された三人。

 

みらい「ここはナシマホウ界⁉︎」

リコ「あんなところにお店なんてあったっけ⁉︎」

モフルン「甘いにおいがするモフ」

 

『KIRAKIRA』と書かれた店の中から現れたのは一人の少女だった。

f:id:franky202:20170201224149j:image

「いらっしゃいませ!特製スイーツはいかがですか⁉︎」

この少女こそ次回作の『キラキラ☆プリキュアアラモード』の主人公、宇佐美いちか(cv美山加恋)である。

 

みらいは「今特製スイーツって言いました⁉︎」と言って結局三人はKIRAKIRAの店内に入る。

 

リコ「素敵なお店ね」

いちか「ありがとうございます」

 

その時にいちかはみらいが持っているモフルンを目ざとく見つけて「まあ、かわいいぬいぐるみ」と言う。鋭い‼︎

 

みらい「モフルンって言うの」

いちか「モフルンって言うんだ。よろしくね」

とぬいぐるみのふりをしているモフルンに挨拶する。

 

しかし、はーちゃんの空腹が限界だったためにお腹の虫がなってしまう。

 

はーちゃん「お腹が空いた」

 

するといちかは「お腹がすいた、かわいいぬいぐるみ、キラッとひらめいた‼︎」

f:id:franky202:20170201225007j:image

f:id:franky202:20170201225100j:image

と、即時にひらめいたのか厨房に走り三人のためにスイーツを作る。

f:id:franky202:20170201225553j:image

「レッツラクッキング‼︎」手際よく材料まで用意してある。これは手慣れてるな。

 

しかしどういう理屈だ⁉︎深いことは考えないでおくか。

f:id:franky202:20170201225313j:image

「お待たせしました、お茶淹れて来ますね」

といちかは三人に特製スイーツを振る舞う。

 

それは『モフルンのケーキ』あまりの出来栄えにリコは「なんだかもったいないわね」

みらい「モフルンのケーキ!かわいい」と言う

 

しかしはーちゃんは委細かまわわず「いただきまーす」とバクバク爆食しているために二人もつられて結局は食べてしまう。

f:id:franky202:20170201225930j:image

いちか「お待たせしました、お茶淹れて来ました」

三人「ごちそうさまでした〜」

いちか「早っ‼︎」

ナイスツッコミだいちか。

 

三人はKIRAKIRAの前で「特製スイーツごちそうさまでした」と言う。

 

いちかは自己紹介する「私、宇佐美いちかって言います。 

みらい「へえ、いちかちゃんって言うんだ」

リコ「今日の特製スイーツ、イチゴメロンパンと同じくらい美味しかったわ」

 

いちか「イチゴメロンパン⁉︎」まあ、世界観が違うから知らないのは仕方ない。

 

みらい「イチゴメロンパンはみんなの思い出のスイーツなんだ」と、リコとの出会いからはーちゃんとの再会など思い出が詰まったスイーツであることをいちかに言う。

 

いちか「私もみんなの思い出に残るスイーツを作りたいと思っています。また食べに来てくださいね‼︎」と宣伝までも三人にしている。接客慣れしているとみた。

 

f:id:franky202:20170201231026j:image

f:id:franky202:20170201231055j:image

次期ヒロインにふさわしい感じだ。美山加恋の演技も自然さが伝わっていい感じ。

 

三人は箒に乗って空を飛びながら「こうやって色々な人たちに出会って…」などと感慨に浸っているのだが、そこにまたヤミーが暴れているのを見る。

 

しかもヤモーまでついていて最後の苦戦を強いられる。

そのどさくさにチクルンまでいてなぜかはーちゃんの杖を持っていた。

 

態勢を立て直した三人はこう言った、やはり女は怖い。

「イチゴメロンパンのうらみは恐ろしいのよ‼︎」

と三人は最後の変身をする。まあ、四年ぶりに

変身したわけだし。

しかし変身してもヤミーの前に苦戦し、逃げられようとした瞬間に待ったをかけたものがいた。

f:id:franky202:20170201231814j:image

f:id:franky202:20170201231845j:image

キュアホイップ、いちかが変身した姿だ。

f:id:franky202:20170201231925j:image

「みんなの思い出のスイーツを奪うなんて許せないんだから‼︎」

 

いち早くデビューである。 

 

三人「あれは⁉︎」とまあ一回は振り向くのだがコケて身動き出来ないヤミーを浄化すべく三人は必殺技で浄化しヤミーの虫歯を治す。

 

チクルンが「おいらのハチミツをやるよ」と、ヤモーに手渡しヤモーがヤミーにハチミツを飲ませる。するとヤミーが幸せを感じる。

 

全ては解決した、ヤモーは借りができたことを感謝した後「私はドクロクシー様に尽くします。いつか会うときもあるでしょう、その時までオボエテーロ」とヤミーと共に魔法界に去る

 

そして、三人が振り返ったときにはキュアホイップはいつしか姿を消した。

f:id:franky202:20170201233340j:image

イチゴメロンパンの話を聞いてやって来たのと騒ぎを聞きつけて変身したのだろう。その手にはイチゴメロンパンがかなり下げられていた。しかし幼い顔して出るところは出てるのね。

 

その後三人はイチゴメロンパンを食べて色々なことを思い出したあと、なぜか魔法の馬車に乗り街の人々にイチゴメロンパンを配って回る。

 

魔法界では様々なお告げが来て校長が「なんじゃと〜!」と混乱しまくっていたが。

 

しかし、三人の未来は開けていると言う話で締めくくられ終わる。

 

その時流れたのは初期のOPである。

 

そしてED終了後キュアミラクルから挨拶がありそれは普通なのだが上からキュアホイップが落ちて来ると言うちょっとした変わった引き継ぎになる。

 

そして改めてキュアミラクルの前でキュアホイップは挨拶して、お約束の魔法の呪文を二人で唱えて引き継ぎは終わる。

 

しかし次回作の主人公が最終回に出るって平成ライダー的要素だよな。違うのは援護をしたことだけど。

 

次回作は絵柄がシンプルになった感じになり、ギャグ顔などが出たりするなどどことなく、『ハートキャッチプリキュア!』っぽい要素が出るのだが二作は少女漫画的な絵柄だったために変えて見ましたと言う感じなのだろう。

 

しかし妖精ペコリンはまた『サクラ大戦3』のシー・カプリスのかないみかである。

 

まあ、3のシーはスイーツ作りが好きなメイドであり、シャノワールの売店担当だったり、レビューの司会だったりとかしたし、これも何かの縁だろう。

 

長老が水島裕なのが時代を感じるがまあ、これから敵はどんなのが出るかは期待、うえだゆうじが悪役なのはわかっているが。

 

 

 

 

 

今から見たらかなりエロい

アニメ エンターテイメント サブカルチャー

f:id:franky202:20170118105413j:image

魔女っ子メグちゃん』(1974年)

前作の『ミラクル少女リミットちゃん』があまりにも内容が重過ぎたために制作スタッフが、反省を生かして超能力から魔法に変えて制作した。放映は前作と同じNETである。

 

前作の反省を生かし明るい作風にしたのだが、内容はかなりエロ要素が含まれているってかエロい。

f:id:franky202:20170118105751j:image

前川陽子が歌う主題歌からしてそれは伺えたが

内容自体もパンチラは当たり前、ブラチラや、バスト丸出しの(まんまじゃないが)あり、よくこれがゴールデンで許可されたなと言う内容である。

 

神崎メグを演じたのは前作で金持ちの生意気なお嬢様役だった吉田理保子(1949-)

 

役柄にぴったりハマっていた、怒りん坊だけど情にもろいメグを熱演した。

 

しかし周りがエッチで、人間界での弟はまんま変態レベルである。

 

対するライバルは郷ノン、クールで知的なキャラで人間を見下した感があるが、それは自分の能力に自信があるからであり、決して冷酷ではない。つかせのりこ(1945-1989)が今で言うところのツンデレ的キャラを演じていた。

 

この二人の魔法界の女王をかけた戦いも作品の見どころではある。

f:id:franky202:20170118110611j:image

これはノンがメグを助ける場面、これを見ると本当は優しいところもある。

 

だが普段は知性が勝ってるからつれない態度でそれを見透かされないようにしているんだな。まさにツンデレの元祖。

 

最終回は魔法界の試験なのだが、メグを探した妹を気にかけたメグが人間界に探しに行くために「試験は明日なのよ!」とノンがつれ戻すと言う内容だった気がする。

 

問題は解決したが、魔法界は二人を不合格に。

理由は、メグは『人に情けをかけ過ぎる』

ノンは『人間のことを知らなさ過ぎる』で二人は再び人間界で修行し直すと言う元の鞘に収まったラストだった。

 

しかし今なら放送不可、かなりエッチなんだもの、嘘だと思うならyoutubeに映像つきの主題歌がアップされているから見るといい。

 

リアルタイムで見ていて恥ずかしかったものエッチ過ぎて。

 

まあ、この作品から見たら『魔法つかいプリキュア』がお遊戯みたいに見えるのは時代が違うから仕方がない。

 

ついでに次回作の『キラキラ☆プリキュアアラモード』の声優が決定した。

 

宇佐美いちか=キュアホイップは美山加恋、かっての子役で草彅剛主演のドラマ『僕と彼女と彼女の生きる道』で凛ちゃん役を演じていた。

今はきちんとした女優である。

 

有栖川ひまり=キュアカスタードは福原遥、本業はモデルであり歌手。

 

立神あおい=キュアジェラードは村中知、やっと本業の声優、少年役が多く、作中でもバンドの ボーカルである。

 

琴爪ゆかり=キュアマカロン藤田咲初音ミクの声ベースの人、3度目の挑戦で漸く合格。

 

剣城あきら=キュアショコラは森なな子、元宝塚の男役である。外見宝塚の男役みたいだと思ったら本当に宝塚の男役を当てて来た。

 

妖精のペコリン役はベテラン声優かないみか

やはりと言うかサクラ大戦声優当てて来た。

 

こちらの予想を見事に裏をかいた抜擢に斬新さが窺える。

 

王道パターンのサクラ大戦声優は必ず当ててくるのね。

 

まあ、始まってみないとわからない。絵と声が連動したら違和感は感じないんじゃないか。

 

 

 

 

今年は映画の話題から

エンターテイメント アニメ 映画

f:id:franky202:20170105153139j:image

今や化け物級大ロングランヒットになっている新海誠監督作品の『君の名は。』(写真はヒロインの宮木三葉、cvは上白石萌音)

 

田舎に住む宮木三葉と、都会に住む立花瀧(cv神木隆之介)となんと入れ替わると言う山中亘の『おれがあいつであいつがおれで』の設定を盛り込みながら若者の揺れ動く心情を描いた作品である。

f:id:franky202:20170105154235j:image

 

まだ見てないので詳しい話はまだしたくないしネタバラシもやりたくない。

 

とにかく見てくれと言うだけは言える。昨年8月26日公開から今までロングラン上映で、デイリー一位に19週で返り咲くと言う偉業まで達成した。

 

ググっても『君の名は』を検索すると新海誠のものしか出ない。

f:id:franky202:20170105154214j:image

 こちらも『君の名は』なんだが忘れ去られている。(写真は倉田てつを鈴木京香)

一応NHKの朝ドラで1991年放映なんだがなあ。あまり話題にならなかったなあ。

 

後宮春樹役の倉田てつをよりもそれを目の敵にする布施博が印象深い。

 

布施博はうっとおしい奴だったな。まるで新井英樹の漫画『宮本から君へ』の主人公宮本浩のようで。

f:id:franky202:20170105154654j:image

これ、リアルで読んでたんだよな。不器用で生きるの下手な幸せ貧乏人宮本浩(モデルはエレカシの宮本)が、七転八起しながら自分の生き方を探すと言う話。あの頃のコミックモーニングは面白かったなあ…。(しみじみ)

 

暴力描写が多いのと、劇中にレイプシーンがあるので映像化は未だされてないが。

f:id:franky202:20170105154949j:image

こいつが原因だ、真淵拓磨、ヒロインである中野靖子を宮本が泥酔して爆睡しているのをいいことに靖子を無理やりレイプする場面は今見ても「こりゃアウトだろ⁉︎」の場面である。

 

まあ、これが原因なのかどうか知らないが靖子は妊娠してしまい、段々凄まじい話になるのだが、それ以上はネタバレになるので書かない。

 

あとは読んで確認して欲しい。太田出版から単行本は出ているし、電子書籍にもなってるからそれで確認して欲しい。

 

ちょっと話が脱線してしまったが、それだけ凄いと言うことである。

 

うちの母(78)は完全に旧作のそれだと思い込んでいたから。まあ、時代が違うから仕方ないんだが。

 

まだこの頃の倉田てつを仮面ライダーBLACKやRXの南光太郎イメージが抜けず本人は「どこへ行っても南光太郎とか仮面ライダーBLACKとか言われて辛かった」と後年零していた。

 

まあ、2年連続で主演した仮面ライダー俳優は彼一人しかいないのだから仕方ないところだが、それにRXが終わってから2年しか経ってないのもある。

 

その時は振り返らなかったらしいが子供が出来てからは変わり始めて見返しては涙したりすることもあってそれでディケイドでテレ朝やADKの出演依頼にも快諾し、南光太郎役で20年ぶりにRXとBLACKに変身するのだが。

 

まあ、詳しい資料や話は彼がオーナーのビリー・ザ・キッド東陽町店で分かる。あそこはまさに仮面ライダーBLACKとRXと君の名はミュージアムみたいなものだから。

 

映画といえば思い出すのは1981年春に母と一緒に難波で見た『エレファント・マン』(主演、ジョン・ハート、監督デビッド・リンチ)

 

あれは衝撃的だった。19世紀のイギリスに実在した稀に見る無惨な奇形人間ジョゼフ・メリック(1862-1890)の数奇に満ちた話を脚色して映画にしたものであったが、見せ方がホラー。

 

中々ジョゼフの顔を見せず、外科医の権威のフレデリック・トレベス(アンソニー・ホプキンス)が「興味があるから少し身柄を借りたい」と見世物小屋の興行主に言ってジョゼフを医学会の発表で公開すると言う形を変えた見世物扱いにしている。(ここでも顔は見せない)

 

漸く顔をみせるのはトレベスが、看護婦に「オートミールを運んでくれないか⁉︎」とジョゼフの病室に入った際に看護婦の「キャーッ‼︎」と言う悲鳴の後にジョゼフが漸く素顔を出すと言う演出である。

 

その後ジョゼフには高貴な身分の人や舞台女優であるケンドール夫人(アン・バンクロフト)が訪れ、ジョゼフのあまりの心の純粋さに感動し、「あなたこそロミオよ」と言う些か出来過ぎな場面すらある。

 

当時は13で子供だったからジョゼフの醜い顔が怖く見えてお話の解説すら出来なかったし、ジョゼフの奇形した顔はパンフレットにも載ってはいない。

 

そしてトレベスは看護婦長から注意を受けることに、「あなたのやっていることは見世物小屋の興行主のやることと本質的に変わらない」と。

 

そしてその頃にも悪い奴がいるもので、夜警の男が場末で好き者や娼婦などに金を出させて世にも醜い奇形人間のジョゼフを見せるという事をやりだし、ジョゼフの病室に夜警と好き者や娼婦が来て乱痴気騒ぎを起こすのだが、その時に流れる主題歌の音楽が迫力あるのなんの‼︎

 

キスをさせたりとか散々に辱めをした挙句に夜警はジョゼフに鏡をあてがい自らの顔を見せてジョゼフが自分の顔の醜さに恐怖すると言う、どう見ても映画の演出だろ⁉︎と言う場面で締めくくられ、ジョゼフの身柄は興行主の元に戻る興行主も夜警に金を出してなんとか取り戻す機会を窺っていたのだ。

 

そして夜警はその後ジョゼフをどこへやったと看護婦長やトレベスに尋問されるもまともに答えず終いには酷い目に遭うのだが。

 

ジョゼフを取り戻した興行主はイギリスでは、見世物は出来ないのでベルギーに渡るも見世物は不評で、ジョゼフの商品価値を見切るのだが見世物小屋の仲間がイギリスに帰る手筈をジョゼフに用意させ、ジョゼフはブリュッセルからイギリスに帰る。

 

ロンドン駅に着いたのは良いが、興味本位で追いかける子供たちに何とか逃げようとするジョゼフ、故意にではないが少女を突き飛ばしてしまい、少女の母親から「その男を捕まえて」と言われて群衆がジョゼフを追いかけ、トイレまで追い詰めてジョゼフの覆面を剥ぎ取る。

 

ジョゼフの奇形した顔が露わになりみんながざわつく中ジョゼフは叫んだ。

 

「私は人間だ!動物ではない‼︎」

 

騒ぎを聞きつけトレベスが駆けつけ、漸く身柄はロンドン病院に戻る。

 

この様な話は事実にはなく、リバプール駅で右往左往しているところを駅員に保護され、偶々ジョゼフがトレベスの名刺を持っていたのでトレベスが馬車でリバプール駅に来て身柄を引き取ったのが事実であるのだが。

 

まあ、映画ならではの演出なんだろうがやり過ぎだ。あんなにまで追い詰めて覆面まで剥ぎ取られるなんて物凄く本人の心が傷付く。

 

その後、ケンドール夫人の舞台に招かれて観劇をして、紹介まで受けるのだが、これも映画ならではのお話。

 

観劇をしたのは確からしいが大々的に紹介まではされてはいない。

 

劇から帰ったジョゼフはカテドラルの模型を完成させ、「出来た‼︎」と言った後に普段は三角座り(体育座りとも言う)で頭を支えると言う普段の寝方を敢えてせずに仰向けに寝ることをする。

 

そして夢の中にはジョゼフの亡き母メアリーが出て来て「神の時は無限、神の時は自由」と言って幕なのだが、事実はここでは言わないでおく。

 

最後の演出だけは良かったなとは今でも思えるし思う。

 

後の演出は今で見返すと腹立たしいことだったり、ありえないだろ⁉︎なあんまりな演出が多過ぎる。

 

まあ、デビッド・リンチが製作する映画はまともでない演出が多いからそれにケチをつけるのは大人気ないとは分かってはいるが。

 

ヒット作だからこういう分析も出来る。マイナーな映画ならここまでは分析できないからな。

 

その二番煎じだかどうかは知らないが1984年に『マスク』(主演エリック・ストルツ、監督、ピーター・ボグダノビッチ)が公開された。

2200万人に一人と言う奇病ライオティニスに冒されたロイ・デニス(1962-1978)の短くも激しく生きたお話を描いている。

 

勿論事実とは変えてあり、母親がドラッグ中毒のあばずれに描かれている。

 

劇中にブルース・スプリングスティーンの軽快な音楽が流れているためにあまり陰惨な感じはなく、ロイ・デニスは最初はバカにされるも、段々認められて有名人になり、目が見えない少女と恋に落ちるとか、母親の遊び癖になやまされるとか、ロイ自身の持病の頭痛が起きるとか色々あるのだが、エレファント・マンのような鬱展開は全くなく、清々しささえ感じさせる。最後はロイの死で締めくくられてはいるものの後味は悪くはない。 

 

やはり19世紀のイギリスと20世紀のアメリカでは舞台背景が違うと言うのもあるが。

 

まあ、演出の仕方もリンチほど酷くはなくあれならまあ許せるし見ても腹は立たないし寧ろ清々しささえ感じさせる。

 

エリック・ストルツは実は『バックトゥー・ザ・フューチャー』の主演争いでマイケル・J・フォックスに負けてこの映画に回ったわけで、その後も『ザ・フライ2』に主演したり、『メンフィス・ベル』にも主演している。

 

まあ、映画にも色々あるのであり、演出の仕方により同じ扱いが全く変わってしまったりするのである。

 

これは漫画でも小説でも同じだ、色々見てどう言う演出が一番良いのか分析する必要性があるな。

 

あまりにもあんまりだと『家なき子』や『明日、ママがいない』の野島伸司みたいになってしまうし難しいところだ。

 

目指すところは花登筺(1928-1983)なのだが。

 

 

 

 

 

 

 

キラキラ☆プリキュアアラモード

アニメ エンターテイメント

f:id:franky202:20161227095826j:image

 

公式で発表されるまでは避けておいたキラキラ☆プリキュアアラモードの五人のキャラが漸く発表された。

 

LINEのプリキュアアカウントでも確認されたので、もういいだろうと公開する。

 

タイトルは『キラキラ☆プリキュアアラモード』作品としては14作目12代目となる。

 

キャッチフレーズは『つくってたべてたたかって!』と『まぜまぜまぜりん』などが明らかになった。

 

今回はスイーツ&動物モチーフとなっている。

 

宇佐美いちか=キュアホイップ、モチーフはホイップクリームとうさぎ、苺のショートケーキモチーフ。

 

有栖川ひまり=キュアカスタード、モチーフはカスタードクリームとリス。シュークリームかな⁉︎いや、プリンか⁉︎

 

立神あおい=キュアジェラード、モチーフはジェラードとライオン、ボーイッシュキャラ。ジェラードとライオン引っ掛けるとは、ケモノ手だし。

 

この三人が中学二年生、あとの二人は高校二年生である。

 

琴爪ゆかり=キュアマカロン、モチーフはマカロンと猫、マイペースキャラ⁉︎おっとり系⁉︎

 

剣城あきら=キュアショコラ、モチーフはショコラ(チョコレート)と犬、男前ヒロインと言うか宝塚の男役的な感じ。名前に剣が入るのは『ドキドキ!プリキュア』の剣崎まこと=キュアソード(cv宮本佳那子)以来である。

 

上三人がおジャ魔女どれみ風であとの二人が宝塚みたいな感じに見える。

 

最初は三人が戦ってあとの二人はそのあとに加入っぽい。

 

担当声優発表はまだである。

 

まあ、中学二年生の三人は若手だろうが高校二年生の二人はベテランか中堅あたりの声優がクレジットされるに違いない。

 

妖精はペコリンである。

 

予想は中々しづらいのだが、間違ってもライバルの『アイカツ』や『プリパラ』や『ラブライブ』や『アイドルマスター』とかからの抜擢はないと思う。

 

そうなると関係ない声優がクレジットされるだろう。

 

いちか=イメージ的に可愛いイメージだから誰がやるのかわからない、ぽわぽわイメージならば上田麗奈辺りが当てはまりそうだが、『ばくおん‼︎』の続きみたいになってしまうなあ。別の人かも。

 

ひまり=あざといっぽいキャラだから当てはまる声優はかなり分かりづらい。裏かいて瀬戸麻沙美とか。

 

あおい=ボーイッシュキャラと言う設定だから少年役やってる人がやりそうに見える。該当する声優は誰なんだろう。

 

ゆかり=イメージ的に猫っぽいキャラ、日笠陽子とかありえるかも。(井口裕香も)

 

あきら=凛々しい役をやれる声優さん、遠藤綾来ますかね、中島めぐみがあったから『マクロスF』絡みであるかもしれない⁉︎

 

あくまでも予想なので違うかも知れない、あと洲崎綾とか様々な名前が浮かんでくる。

 

『艦これ』辺りから引っ張ってくる可能性もある。

 

とりあえず、ある程度知ってる人なら良いな。

深夜枠で頑張る声優抜擢もあり得るから。

 

ゲーム関係なら『アトリエシリーズ』やその他があるかも、伝統的にプリキュアシリーズは、サクラ大戦シリーズのキャラが声優を当てることがあったのだが流石に古いので殆ど出尽くした感ありである。

 

まあ、やるとしたら敵役だろうな。モフルンの齋藤彩夏はVのリカリッタ・アリエスだったし敵に井上喜久子がロベリア演技で出ると言うサプライズもあった。(ばくおん‼︎では羽音の最初のパートナーであるバイ太)

 

まあ、オーディション式だから誰がなってもおかしくはない。

 

キャラが公開されたから後は担当声優待ちだがそれは探らず来年までのお楽しみにしておこう、過去にネタバラシをして友を失った苦い経験があるから。

 

仮面ライダーエグゼイド』はレーザーこと九条が消えてしまい、なんか行き違いでtwitterが炎上したようだが、再登場あるかねえあの嘘つきキャラは。

 

数回見て九条の嘘をついても「騙されたほうが悪い」的なものを見て殆ど見てない仮面ライダーエグゼイド。

 

ハズレ臭が凄まじいんだが。